《カオス・フォーム/Chaos Form》

儀式魔法
「カオス」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、
またはリリースの代わりに自分の墓地から
「青眼の白龍」または「ブラック・マジシャン」を除外し、
手札から「カオス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した儀式魔法
 通常の儀式召喚の様にリリースする他、墓地《青眼の白龍》《ブラック・マジシャン》コストに代用することもできる。

 墓地《青眼の白龍》除外することで、全てのカオス儀式モンスターリリースを賄うことができる。
 《ブラック・マジシャン》の場合はレベルが足りないため、他にレベル1が必要であるが、《竜騎士ブラック・マジシャン》を使うならレベル8分を1体で賄える。

 基本的に《青眼の白龍》除外して発動するのが狙いとなる。
 《青眼の白龍》《ドラゴン・目覚めの旋律》などで手札に確保しやすく、手札から儀式魔法リリースするのも良い。
 デッキから直接墓地へ送れる《高等儀式術》も併用すれば儀式召喚が容易に行える。
 ただし、《青眼の白龍》は豊富な蘇生手段を持つため、無暗に除外するのではなく、使用時をよく考えたい。

 《カオス・ソルジャー》《超戦士カオス・ソルジャー》にも対応しているため、【カオス・ソルジャー】では、《高等儀式術》を使う場合に採用の可能性がある。
 《青眼の白龍》《ブラック・マジシャン》を使うことはなくとも《大地讃頌》と同じように使えるため、《封魔の呪印》などで同名カードを潰されることを避ける目的で採用してもいいだろう。
 《究極竜騎士》を使う場合には《龍の鏡》を阻害する可能性もあるため、除外するかどうかの判断は慎重に行いたい。

  • アニメGXの「十代&ヨハンvsマルタン(ユベル)」戦において、マルタンが同名の永続罠を使用しているが、名前が同じだけで全くの別物である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《カオス・フォーム》 魔法 儀式魔法

広告