《ガガガクラーク/Gagaga Clerk》

効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 400/守 800
自分フィールド上に「ガガガクラーク」以外の
「ガガガ」と名のついたモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 COSMO BLAZERで登場した地属性戦士族下級モンスター
 自分フィールドガガガが存在する時に特殊召喚できる召喚ルール効果を持つ。

 特殊召喚する条件は同名カード以外のガガガモンスターが存在する場合。
 ガガガリクルートなどもしやすいため、特殊召喚自体も容易。
 《トゥルース・リインフォース》および《リトルトルーパー》から容易にリクルートできるため、《ガガガボルト》などの発動条件を即座に満たすことができる。
 当然《増援》《戦士の生還》などのサーチサルベージも容易である。

 ただ、ガガガの主力のランク4を出せないのがネック。
 一応、レベル2のガガガには自身以外では、《ガガガキッド》《ガガガシスター》が存在し、《ガガガマジシャン》レベル2にできるためランク2を狙うのはさほど難しくない。
 とはいえ、出せる中でのランク2ではランク4に比べてステータス効果は十分強いと言えず、出す手間に見合うとは言いがたい。
 《ガガガシスター》の場合、特殊召喚されたこのカードを指定すればお互いをレベル4にできる。

 エクシーズ召喚目的で組み合わせるなら《ガガガカイザー》が有力で、特殊召喚後に《地獄の暴走召喚》を使い、リンクモンスターエクシーズモンスターを展開する事もできる。

 ステータスの低さから単体では扱いにくいモンスターというのもあり、展開補助ならば《ガガガリベンジ》や単体で活躍できてレベル調整も必要ないレベルモンスターを選ぶ方が扱い易い。
 《ガガガキッド》種族属性こそ違うが同レベル・同じ特殊召喚条件でレベル変更まで可能。

 上記の通り、現時点では属性種族《ガガガカイザー》サポートを共有できることや《デブリ・ドラゴン》に対応していることが数少ない長所となっている。

 リンク召喚登場後、戦士族故、《聖騎士の追想 イゾルデ》リンク素材として使え、レベルの低さからリクルートが容易という大きなメリットが生まれた。
 自己特殊召喚効果リンク召喚に繋ぎやすいため、相性が良い。

  • 「クラーク(Clerk)」とは書記を意味する英単語で、書記とは記録を残すために文字を書き記す職にある者のことを指す。
    ガガガの舞台が「ガガガ学園」であることを考えると、このカードはその学園の生徒会の書記という設定なのだろう。
  • アニメでは《ガガガクラーク》のみが存在していても特殊召喚できた。
  • アニメZEXALIIの「遊馬&ドロワvsアリト&ゴーシュ」戦にて遊馬が使用した通常魔法《ガガガミラー》のイラストに描かれている。

関連カード

―《ガガガクラーク》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ガガガクラーク》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 戦士族 攻400 守800 ガガガ

広告