《ガトムズの非常召集(ひじょうしょうしゅう)/Gottoms' Second Call》

通常魔法
「ガトムズの非常召集」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):自分フィールドに「X−セイバー」Sモンスターが存在する場合に
自分の墓地の「X−セイバー」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスター2体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃力が0になり、
このターンのエンドフェイズに破壊される。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した通常魔法
 1ターンに1枚しか発動できずバトルフェイズを行えない制約、自分フィールドX−セイバーシンクロモンスター発動条件として自分X−セイバー2体を蘇生する効果を持つ。

 発動条件としてX−セイバーシンクロモンスター自分フィールドに存在している必要がある。
 同じくX−セイバー2体を蘇生させる《ガトムズの緊急指令》と比較すると発動条件が厳しくなっている。
 《セイバー・リフレクト》サーチする場合、制約上自爆特攻から発動してもそのターンに使用できないので、相手ターンサーチするといいだろう。

 デメリット発動条件はあるものの、召喚条件を無視できる点と即座に使用できる点は《ガトムズの緊急指令》にはない利点。
 特に、《XX−セイバー フォルトロール》蘇生し、その効果でさらにモンスター蘇生できる利点が非常に大きい。
 また《XX−セイバー レイジグラ》蘇生すれば更にアドバンテージを得て展開できる。

 特殊召喚されたモンスター攻撃力が0になるが、発動したターンバトルフェイズを行えず、エンドフェイズ破壊される事から、基本的に戦闘面でのデメリットとなることはない。
 《奈落の落とし穴》等を受けなくなるのは利点であるといえる。
 しかし、《王虎ワンフー》《連鎖除外》等で除去を受けるようになってしまう。

 《XX−セイバー ガトムズ》とは相性が良く、シンクロ召喚後、自身がこのカード発動条件になり、シンクロ素材にしたモンスター蘇生させリリースしてハンデス効果を使えば、相手手札を大きく削ることができる。
 ハンド・アドバンテージを大きく得た場合には、返しの相手ターンの反撃も小規模なものになりやすいので、発動ターン攻撃できないというデメリットの影響も必然的に小さくなる。
 《ソウル・チャージ》などのデメリットが共通した蘇生カードと併用し、《XX−セイバー ガトムズ》ハンデスデッキに特化する手もある。

  • 刃曰く「禁じ手」とのこと。
    このカードを絡めたハンデスのプレイングを指している可能性もあるが、いずれにせよこのカードの高い性能を端的に表している。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:正規の手順で特殊召喚されずに墓地へ送られた特殊召喚モンスター特殊召喚できますか。
A:いいえ、特殊召喚できません。(15/05/17)


Tag: 《ガトムズの非常召集》 魔法 通常魔法 ガトムズ

広告