《キメラテック・メガフリート・ドラゴン/Chimeratech Megafleet Dragon》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/攻   0/守   0
「サイバー・ドラゴン」モンスター+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
(1):このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。

 RARITY COLLECTION −20th ANNIVERSARY EDITION−で登場した闇属性機械族融合モンスター
 自分相手フィールド融合素材墓地へ送る召喚条件融合素材にできない効果外テキスト融合素材の数だけ元々の攻撃力を上昇させる永続効果を持つ。

 緩い融合素材特殊召喚できるが、特殊召喚後はアタッカーにしかならないため、自分カードのみを融合素材にするのは効率的ではない。
 ゆえに、妨害されにくい相手エクストラモンスターゾーンモンスター除去として使用することになるだろう。

 とはいえ、エクストラモンスターゾーンは基本的にお互いが1ヶ所ずつ使用するため、相手エクストラリンク状態でない限り、除去できるのは1体となる。
 1体の除去だけでは攻撃力2400にしかならず、2体除去して攻撃力3600になっても自身が一切の耐性を持たないため、場持ちは期待できない。
 サイバー・ドラゴンモンスターを併用する必要があることやメインモンスターゾーン除去は行えないことから、単純な汎用性では壊獣の方が上である。
 このカードでないと崩せない盤面は《夢幻崩界イヴリース》トロイメアによるエクストラリンクを形成された場合とかなり限定的である。
 その場合は《夢幻崩界イヴリース》リリースして《サイバー・ドラゴン》召喚した後、このカード特殊召喚すればロックを崩すことができる。

 自分エクストラモンスターゾーンモンスター融合素材にする場合、なるべく損失を抑える戦術が必要になる。
 例えば、《簡易融合》から出した《サウザンド・アイズ・サクリファイス》を利用すると良い。

 【サイバー・ドラゴン】ではこのカードを採用することで全てのサイバー・ドラゴンモンスター相手エクストラモンスターゾーンモンスター除去できるモンスターとなる。
 ただし自身は融合素材にできないので、自分エクストラモンスターゾーンのこのカードリンク素材にするなどで邪魔にならないようにしたい。

 【列車】などランク10のエクシーズ召喚を狙うデッキなら、サイバー・ドラゴンと共に採用して相手モンスター除去しつつ展開できるエクシーズ素材として扱うのもいいだろう。
 変わったところでは、【トゥーン】での採用も検討でき、《トゥーン・サイバー・ドラゴン》を使用することで、トゥーンデメリットを無視しつつ、エクストラモンスターゾーンモンスター除去を行える。
 また、《トゥーン・サイバー・ドラゴン》《トゥーンのもくじ》サーチできるため、《トゥーンのもくじ》を採用するデッキであれば、このカード特殊召喚するのはさほど難しくない。
 【閃刀姫】においては《トゥーン・サイバー・ドラゴン》《トゥーンのもくじ》と合わせて採用される。
 《トゥーンのもくじ》3枚を連発し墓地魔法カードを貯めた後、《トゥーン・サイバー・ドラゴン》相手モンスターを処理しつつアタッカーとすることができるためである。

  • 「fleet」は、海軍の部隊単位の1つ「艦隊」を意味する英単語。
    「Mega」は「巨大な」を意味する形容詞の英単語であることから、メガフリートは「巨大艦隊」を意味しているのだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 機械族 攻0 守0 融合召喚不可 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 融合素材にできない

広告