《キューキューロイド/Ambulanceroid》

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 300/守1200
「ロイド」と名のついたモンスターが自分の墓地から手札に加わった時、
そのモンスターを特殊召喚する事ができる。

 POWER OF THE DUELISTで登場した地属性機械族下級モンスター
 サルベージされたロイドを、そのまま特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 対象は限定されているものの、《死者転生》《融合回収》などのサルベージカードが擬似的にだが蘇生カードとして扱える。
 種類は少ないが《アーマロイドガイデンゴー》などの上級モンスター最上級モンスター特殊召喚が可能。
 《死者転生》コストとして捨てたロイド手札に再び加えることで、《死者転生》手札ロイド特殊召喚するカードとして使うこともできる。

 相性がいいモンスターは、同じ下級ロイドである《エクスプレスロイド》と、【ビークロイド】で容易にエクシーズ召喚できる《ギアギガント X》
 特に《エクスプレスロイド》ロイドを一度に2体回収することができ、このカードでまとめて特殊召喚することで大きなボード・アドバンテージを得られる。
 また、スピードロイドサポートとも相性が良く、《スピードリバース》サルベージしたものを展開でき、シンクロ召喚につなげられる。

 特筆すべきは、このカードは上記の2体に強いシナジーを持たせられることである。
 《エクスプレスロイド》《ギアギガント X》エクシーズ素材にでき、《ギアギガント X》《エクスプレスロイド》サルベージできる。
 お互いにお互いの効果の発動を助けられるため、ある程度墓地を肥やした後、この2枚の効果を交互に発動させていくことで大量展開を狙うことができる。
 これにスピードロイドチューナーも絡めればシンクロ召喚のギミックも取り入れられる。
 このカード自体は《ギアギガント X》エクシーズ素材にできないため、展開後はシンクロ素材にするかランク3のエクシーズ素材したい。

 ただ、融合召喚を最優先する場合はフィールドに出す必要がないため、このカードは必ずしも必要でない。
 このカード融合素材とするのは《ビークロイド・コネクション・ゾーン》に対応していない《レスキューキューロイド》のみで、融合素材としての利点にも乏しい。
 またステータスが低いためリクルート蘇生が楽にできる一方、フィールドに維持することは難しい。
 何度も効果を使用したい場合は、《安全地帯》などで守ってやることが必要となる。

  • POWER OF THE DUELIST」でのナンバーは「POTD-JP009」である。
    救急車の《キューキューロイド》で、「9」にかけたのであろうか。

関連カード

―《キューキューロイド》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類はなんですか?
A:誘発効果です。

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/06/12)

Q:チェーン2以上でサルベージした場合、タイミングを逃すことになりますか?
A:はい、なります。(09/01/03)

Q:同時に2体サルベージした場合、両方もしくはどちらかを特殊召喚できますか?
A:はい、できます。
  ただし、サルベージしたモンスターの中から1体のみを選んで特殊召喚する、というような事はできません。(15/07/17)


Tag: 《キューキューロイド》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 機械族 攻300 守1200 ロイド

広告