《ギガンテック・ファイター/Colossal Fighter》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2800/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードの攻撃力は、
お互いの墓地の戦士族モンスターの数×100ポイントアップする。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分または相手の墓地の戦士族モンスター1体を選択し、
自分フィールド上に特殊召喚できる。

 STARTER DECK(2008)で登場した闇属性戦士族シンクロモンスター
 墓地戦士族の数に比例する攻撃力上昇の永続効果と、自身の戦闘破壊時に戦士族蘇生する誘発効果を持つ。

 前半の効果は、墓地戦士族の数に比例する攻撃力上昇効果
 攻撃力の上昇値は微々たる数値だが、デッキ戦士族を多く採用していれば、攻撃力3000を超えることは難しくない。
 忘れがちだが、相手墓地戦士族も加算されるので、相手戦士族を主軸とするデッキであれば、攻撃力の更なる上昇が期待できる。

 後半の効果は、自身が戦闘破壊された時に戦士族蘇生する効果
 自身も蘇生できるので、戦闘破壊耐性が付与されていることに等しい。
 この攻撃力なら戦闘破壊されることは少ないものの、表示形式変更やコンバットトリックへの牽制になり得る。
 また、シンクロモンスターの中では場持ちが良い方なので、高い攻撃力を持つとしても機能する。
 目的であれば同レベルには効果破壊にも耐性を持つ《魔王龍 ベエルゼ》が存在するが、こちらはシンクロ素材縛りがなく、墓地発動効果故に《スキルドレイン》に妨害されない点で優っている。

 自身以外も蘇生可能だが、攻撃力目的や目的ならこのカードを差し置いて蘇生したいモンスターは殆ど存在しないので、基本的には自身を蘇生することになる。
 蘇生対象が多くて困ることも無く、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》などを蘇生できれば儲けものだと考えておこう。
 状況にもよるが、相手墓地戦士族蘇生しても良い。

  • 名前の元は「巨大な」を意味する「Gigantic」だと考えられる。
    ただし「ギガンティック」は造語のようなもので、「ジャイガンティック」と書く方が元の発音に近い。
    英語名は、似たような意味の「Colossal」が使用されている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「遊星vs牛尾」(3戦目)において牛尾が使用したカウンター罠《ディスコード・カウンター》のイラストに描かれている。
    また、遊星が使用した永続罠《シンクロ・ブラスト》、通常罠《シンクロ・デストラクター》のイラストにも描かれている。
  • 漫画5D'sの「遊星vsセクト」(1戦目)においてセクトが使用した魔法カード《縄張り》のイラストに描かれている。
  • アニメARC-V第8話において、日美香のLDSのシンクロ召喚コースのイメージにこのカードが登場している。
    また第59話では、デュエルディスクを使わずデュエルしていたフランクがこのカードシンクロ召喚しようとしていた。
    しかしチューナーモンスターが存在しないことを対戦相手のタナーに指摘されたため、シンクロ召喚は取りやめたようだ。
    第60話において、徳松が囚人たちから巻き上げたカードの中に確認できる。
    第126話においても、赤馬零王がリアルソリッドビジョンに関する話をしている際の回想シーンで、その姿が登場している。

関連カード

―《ギガンテック・ファイター》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:戦闘破壊されたとき、戦闘破壊されたこのモンスター自身を特殊召喚できますか?
A:このカード自身を対象として選択して特殊召喚可能です。(08/03/15)

Q:特殊召喚のタイミングはいつですか?
A:戦闘破壊され墓地へ送られた時、つまり《グリズリーマザー》等と同じです。(08/03/15)

Q:持ち主自分の《ギガンテック・ファイター》で持ち主相手の《ギガンテック・ファイター》に攻撃し、同時に戦闘破壊されて墓地へ送られ効果による蘇生対象として両者が同じモンスターを選択した場合、どのように処理されますか?
A:同時に複数のカードが発動した場合に基づきます。
  チェーン1:ターンプレイヤーの《ギガンテック・ファイター》
  チェーン2:非ターンプレイヤーの《ギガンテック・ファイター》
  という順番でチェーンが積まれるため、逆順処理により選択したモンスター相手フィールド上に特殊召喚されます。(11/10/06)

Q:自分《アームズ・エイド》が装備された相手モンスターとの戦闘で《ギガンテック・ファイター》が破壊されました。
  この場合、このカード墓地から蘇生しますか?
  また、効果ダメージは発生しますか?
A:はい、墓地からこのカード蘇生させることができますが、《アームズ・エイド》効果は適用されません。(12/03/07)


Tag: 《ギガンテック・ファイター》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 戦士族 攻2800 守1000

広告