《ギャクタン/Wiretap》

カウンター罠
(1):罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場したカウンター罠

 罠カードなら種類を問わず無効にでき、汎用性は高い。
 《盗賊の七つ道具》と比較すると、こちらはノーコストであり、破壊せずデッキ戻す
 破壊すると効果発動されてしまう《アーティファクトの神智》や、墓地でも効果を持つ《ブレイクスルー・スキル》等に対して有効。
 一方でデッキ戻す事で《解放のアリアドネ》カテゴリサーチカードサーチされたり、落とし穴の場合は《フレシアの蟲惑魔》発動の機会を与える難点もある。
 効果は一長一短と言えるが、墓地発動できる厄介な罠カードは多く、コストが無い分いつでも発動できるこちらが基本的には優先される。

 同じく《アーティファクトの神智》に強い《トラップ・スタン》との比較では、あちらはデメリットを含むとはいえ、相手の複数の罠カードに対応でき、また多くの魔法・罠除去を苦にしない。
 一方、こちらはスペルスピードで勝り、ダメージステップ発動できるという差異がある。

  • 「ギャクタン」とは、警察用語で「逆探知」(掛かってきた電話の発信元を探ること)の事を指す。
    犯人からの電話をできるだけ長引かせ、発信元を探知する様子は刑事ドラマ等でよくあるシーンだが、現在はデジタル化で一瞬で完了できるようになっている。
  • 英語名の「Wiretap」は盗聴を意味する。
  • また、漫画ARC-Vの「ユーリvs素良」戦でユーリが使用したアクション魔法《トラップ・イレイザー》がOCG版のこのカードと同じ効果を持っていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE4〜6においてもOCG化以前に、以下の効果オリジナルカードとして収録されている。
    カウンター罠
    相手の罠カードを無効にし、
    そのカードを相手のデッキに表向きで戻してシャッフルする。
    そのカードをドローするまで相手は同名カードを発動する事はできない。
    OCG化に際して、そのままでは強力すぎるためか単純なバウンス効果に変更された。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ギャクタン》 カウンター罠

広告