《ギャラクシーアイズ FA(フルアーマー)・フォトン・ドラゴン/Galaxy-Eyes Full Armor Photon Dragon》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻4000/守3500
レベル8モンスター×3
このカードは「ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン」以外の
自分フィールドの「ギャラクシーアイズ」Xモンスターの上に
このカードを重ねてX召喚する事もできる。
(1):1ターンに1度、このカードの装備カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック17 付属カードで登場した光属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 ギャラクシーアイズエクシーズモンスターに重ねられるという召喚条件、自身の装備カードを自身のエクシーズ素材にする起動効果エクシーズ素材1つをコスト相手表側表示カード1枚を破壊する起動効果を持つ。

 ギャラクシーアイズエクシーズモンスターに重ねて出せるため、《No.62 銀河眼の光子竜皇》《No.107 銀河眼の時空竜》を経由すれば、実質的にレベル8×2として扱うことができる。
 エクストラデッキの枠は割いてしまうが、基本的にこちらの手段で出すことになる。
 《銀河零式》等、ギャラクシーアイズの展開手段は多いため、状況に応じて重ねるべきかを判断したい。

 (1)の効果装備カードエクシーズ素材にできるが、エクシーズ素材は(2)の破壊効果を使う場合のコストに使えるのみであり、エクシーズ召喚した時点でエクシーズ素材は確保できるため補充する必要は薄い。
 また、【ギャラクシー】で最も採用しやすいであろう《銀河零式》は装備していると効果発動自体ができず、このカード自身に使う意味もほぼない。
 《D・D・R》《戦線復活の代償》とは相性が良く、エクシーズ素材にするのはフィールド上から離れる扱いにならないため、特殊召喚した後にエクシーズ素材にすることで完全蘇生状態にしつつ、破壊効果を使えるようになる。
 上記の様なカードを採用していない場合は、基本的にはこちらの効果は特に気にしなくても良いだろう。

 (2)の効果1ターンに1度表側表示カードを種類を問わず破壊できるものであり、主にこちらの効果がメインとなる。
 ランク8では除去自体の選択肢は豊富だが、ギャラクシーアイズに限るならば唯一の除去持ちのため、サポートカードを用いるデッキでは重要な戦力となる。
 また、《超銀河眼の光子龍》《CNo.107 超銀河眼の時空龍》効果後に重ねてエクシーズ召喚すれば、破壊耐性無効にし破壊することも可能。

 ただし、エクシーズモンスターを出し重ねる過程での妨害も受けやすく、裏側表示には対処できないので過信は禁物。
 裏側表示に対しては《銀河眼の光波刃竜》《CNo.107 超銀河眼の時空龍》《タキオン・トランスミグレイション》等と併用・使い分けでカバーしたい。
 セットモンスターならば、このカード効果使用後に《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》へと繋げて連続攻撃を行うことで一気に破壊することもできる。

 《銀河零式》を始めとした蘇生カードとは相性が良く、このカード効果墓地に送られギャラクシーアイズエクシーズモンスター蘇生すれば、2体目のこのカード《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》へと繋げられる。
 この際に相手モンスター表側表示のみで2体以下ならば、2体のこのカード効果除去した上で直接攻撃が行えるので、8000ジャストの戦闘ダメージ1ターンキルとなる。
 RUM《CNo.107 超銀河眼の時空龍》に繋げた後に、2枚目のこのカードを重ねても2回の除去を行うことが出来る。
 エクストラデッキは圧迫するものの、爆発力は高いため狙ってみるのも悪くないだろう。

  • エクシーズ召喚時の口上は「銀河の光の導くところ新たな世界がひらかれる!!天孫降臨!アーマーエクシーズ召喚!!現れろ新たなる光の化身!!《ギャラクシーアイズ・FA・フォトン・ドラゴン》!!」。
  • 作中でカイトはこのカードエクシーズ召喚する際に「未だかつて誰にも見せたことが無い」と述べているので、所持はしていたものの実戦で使用するのは上記のデュエルが初めてだったようである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク8 光属性 ドラゴン族 攻4000 守3500 ギャラクシー ギャラクシーアイズ フォトン

広告