《ギャンブル/Gamble》

通常罠
相手の手札が6枚以上、自分の手札が2枚以下の場合に発動する事ができる。
コイントスを1回行い裏表を当てる。
当たった場合、自分の手札が5枚になるようにデッキからカードをドローする。
ハズレの場合、次の自分のターンをスキップする。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した通常罠
 コイントスの結果に従い、自分手札が5枚になるまでドローを行うか、次の自分ターンスキップする効果を持つ。

 ドローカードの中でもトップクラスのドロー枚数を誇るが、発動条件と失敗した時のデメリットが非常に厳しい。
 先攻ターン目にセットし次の相手ドローフェイズ発動すればほぼ確実だが、初手になかった場合や後攻になった場合はそれだけで発動チャンスを失う。
 《大盤振舞侍》《メタモルポット》でも使わない限り、それ以降のターンで能動的に発動するのは困難である。

 たとえ発動できたとしても、相手ドローフェイズ発動せざるを得ない場合も多い。
 相手の6枚以上ある手札を減らせる訳ではないため、それらの手札で何らかの対策を取られてしまう可能性も十分にあるだろう。
 そのため、発動したものの、次のターンが来ず負けた、というのもそれほどあり得ない想定ではない。
 無論、コイントスを外せばそのようなことを考えるまでもなく敗北はほぼ確定する。

 【ギャンブル】を使うのならば、《カップ・オブ・エース》コイントスを外した時にも発動条件が満たせる可能性はある。
 その後このカードコイントスを当てれば、最高で差し引き1枚のアドバンテージを得ることまでできる。
 とはいえ、コイントスを外した場合の強烈なデメリット効果を考えるまでもなく、保険としては使いづらい。
 一応《アルカナフォースXXI−THE WORLD》の表の効果と併用すれば、デメリットを回避できる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」の「城之内vsビッグ3(大岡)」戦において城之内が使用。
    手札も場のモンスターも0の状態でこのカード発動するものの、ビッグ3によって外れるよう細工されていたため、失敗してしまう。
    現実世界でも城之内はデッキに投入していたらしく、「城之内vs闇マリク」では《地獄詩人ヘルポエマー》効果墓地に送られている。
  • アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において遊星のデッキに投入されているのが確認できる。
    また「遊星vs鬼柳」(1戦目)後に、ラリー達がD・ホイールを運ぶ際の通行料としてばら撒いたカードの中に確認できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《アルカナフォースXXI−THE WORLD》の表の効果相手に使われた後にこのカードを使いハズレになりました。
  その場合自分ターンは何ターンスキップされるのですか?
A:効果の重複はせず次のターンのみスキップされるので、スキップされるのは1ターンのみです。(11/05/09)

Q:自分ターン発動し、コイントスを外して次の自分ターンスキップされる効果適用されている状態で、《アルカナフォースXXI−THE WORLD》の表の効果を発動した場合、ターンの流れはどうなりますか?
A:次の相手ターンとその次の自分ターンスキップされ、次の次の相手ターンから再開となります。それ以降は通常通りターンが進みます。(12/03/18)


Tag: 《ギャンブル》 通常罠

広告