《ギラギランサー/Gillagillancer》

効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻2200/守 800
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分はエンドフェイズ毎に500ポイントダメージを受ける。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した地属性戦士族上級モンスター
 半上級モンスターであり、相手フィールド上にのみモンスターが存在する場合に特殊召喚できる召喚ルール効果エンドフェイズに500ポイントのダメージを受ける誘発効果を持つ。

 《サイバー・ドラゴン》等と同じ条件で特殊召喚できるモンスターの中では攻撃力が高く、攻撃に関する制限も一切存在しない。
 《サイバー・ドラゴン》《フォトン・スラッシャー》等の攻撃力2100のモンスターを一方的に戦闘破壊できる。
 単体での戦闘力もさることながら、特殊召喚しやすい高レベルモンスターとして、リリース要員・シンクロ素材エクシーズ素材としても有用。
 特殊召喚したターンの間に、アドバンス召喚シンクロ召喚エクシーズ召喚墓地へ送ってしまえばエンドフェイズデメリットも踏み倒せる。
 デメリット効果も500ダメージのみと軽く、場合によっては《H・C サウザンド・ブレード》などのトリガーとしても機能する。

 アタッカー以外に用いる場合、主にレベル6のモンスターが比較対象になる。
 《魔導ギガサイバー》と比べると特殊召喚が容易な代わりに、ダメージデメリットがある。
 純粋にエクシーズ素材とする場合は、サーチの利く《聖刻龍−トフェニドラゴン》の壁が大きい。
 それぞれ別属性なのでデッキによる住み分けの域ではあるが、アタッカーとしての性能自体は勝るので、無理にエクシーズ召喚を狙わず、詰めの一手で《フォトン・ストリーク・バウンサー》などに移行するスタイルが有効か。
 上記カード《ドドドウォリアー》《陽炎獣 サーベラス》などを組み合わせたデッキで扱うのも一つの手である。

 手札消費は大きいが《ターレット・ウォリアー》と組み合わせると通常召喚を行わずに攻撃力3400のモンスターが出せる。
 こちらは通常召喚を行わないため《アームズ・ホール》《アサルト・アーマー》サーチサルベージして2回攻撃が可能となる。
 《フォトン・スラッシャー》で十分ではあるが、他のモンスターと並べる事もできるので、戦士族軸の【装備ビート】なら採用してみるのもいいか。

  • カード名は「ギラギラ」と「ランサー」をかけている。
    「ギラギラ」とは目を射るように異様な感じでどぎつく光るという意味である。
  • アニメでは以下の効果だった。
    自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
    このカードは相手フィールド上に特殊召喚できる。
    この効果で特殊召喚に成功した場合、相手のエンドフェイズ毎に、
    相手は500ポイントダメージを受け、自分は500ライフポイント回復する。
    この効果ダメージを受ける「相手」は、このカード持ち主から見た相手を指す。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか。
A:お互いエンドフェイズダメージを受ける効果誘発効果です。(13/11/16)

Q:ダメージを受ける効果の処理時にこのカードフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、ダメージを受ける効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/01/18)


Tag: 《ギラギランサー》 効果モンスター モンスター 星6 地属性 戦士族 攻2200 守800

広告