《クラッキング・ドラゴン/Cracking Dragon》

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守   0
(1):このカードは、このカードのレベル以下のレベルを持つ
モンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在し、
相手がモンスター1体のみを召喚・特殊召喚した時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時までそのレベル×200ダウンし、
ダウンした数値分だけ相手にダメージを与える。

 CODE OF THE DUELISTで登場した闇属性機械族最上級モンスター
 自身のレベル以下のモンスター戦闘破壊されない永続効果相手モンスター1体のみを特殊召喚した場合にそのモンスターレベル弱体化させ、効果ダメージを与える誘発効果を持つ。

 (1)は限定的な戦闘破壊耐性
 攻撃力が高いために効果除去される可能性が高く、攻撃表示であればその範囲のモンスターの大部分にはそもそも戦闘破壊されない。
 エクシーズモンスターリンクモンスター等には無力であるのも欠点である。
 ただし自身の守備力が0のため、表示形式変更効果に対してある程度の耐性となりうる以上、あって困る効果ではない。
 相手に高レベルモンスターレベルを持たないモンスター特殊召喚を強要し、(2)の効果による効果ダメージを与えやすくはなる。
 また、レベル8以下のモンスターしか存在しない場合、バトルフェイズ中に《リビングデッドの呼び声》などで特殊召喚すればにはなる。

 (2)は弱体化効果ダメージを与える効果
 相手が1体のみ召喚・特殊召喚に成功した時と限定されるが、2体以上を一度に出す手段はそうない。
 モンスター召喚し、その効果特殊召喚するといった具合に1体ずつ出すパターンがほとんどである。
 回数制限もないため、繰り返し適用できる。
 弱体化最上級モンスターや、高レベル融合儀式シンクロモンスターを主力とする相手には有用だが、そのターン限りなので攻めに活かしにくい。
 エクシーズモンスターリンクモンスター弱体化せず、そのまま戦闘破壊される恐れもある。

 一方、効果ダメージは回数制限がないことも相まって総合的に大ダメージを狙える。
 シンクロモンスターであれば、素材の展開とシンクロモンスター自身を出す過程でダメージが蓄積しやすい。
 例えば、レベルシンクロモンスターを出す場合、素材の展開で1600、シンクロモンスター本体で1600と、最大で合計3200ものダメージを見込める。
 エクシーズモンスターリンクモンスターを出す場合も、素材としてレベルを持つモンスターフィールドに出すパターンが多く、やはりダメージを狙える。
 《悪夢の拷問部屋》も併せて使えばさらに大きなダメージを見込める。

  • 「クラッキング」についてはこちらを参照。
  • 劇中ではデュエルで使用される以前から、リボルバーを始めとするハノイの騎士がデュエル外で従えるモンスターとして登場している。
    第1話冒頭でのサイバース世界襲撃時にはリボルバーによって使用され、イグニスの胴体を噛み千切ったほか、その5年後にはリボルバーの手下であるハノイの騎士によってリンクヴレインズの空間を襲撃した。
    ハノイの騎士はこのカードを「最強カード」とまで言い切っているが、元々の使い手であるリボルバー本人は「《クラッキング・ドラゴン》程度」と切り捨てている。
  • 5年前にデュエル外で対峙したイグニスは実際にデュエルする前からこのカードの存在を知っており、Playmakerのデッキでは勝てないと予測していた。
    なお、このカード耐性が発揮された際、イグニスは「敵も進化したか?」と以前と効果が異なっているかのような台詞を呟いていたが、詳細や真偽の程は不明である。
  • アニメ5D'sの「ジャック&龍亞&龍可vsアポリア」戦においてアポリアが類似した効果を持つ永続罠《レベル・カノン》を使用している。
    こちらは弱体化が発生せず、レベル×200ポイントのダメージを与えるのみであり、複数のモンスターが同時に展開されても適用された。

関連カード

―《クラッキング・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《クラッキング・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 機械族 攻3000 守0

広告