《クレボンス/Krebons》

チューナー(効果モンスター)
星2/闇属性/サイキック族/攻1200/守 400
このカードが攻撃対象に選択された時、
800ライフポイントを払って発動できる。
その攻撃を無効にする。 

 THE DUELIST GENESISで登場した闇属性サイキック族下級モンスターチューナー
 自身への攻撃を800ライフコスト無効にする任意誘発効果を持つ。

 いかなる高攻撃力モンスター攻撃を受けても戦闘破壊を免れ、ライフの損耗を800に抑える事ができるモンスター
 加えてチューナーであるため、1ターン耐えればシンクロ召喚に利用できる。
 特に《緊急テレポート》特殊召喚でき、単体起用しやすいチューナーと言える。

 レベルサイキック族チューナーは他にもいるが、効果汎用性ではこのカードが突出している。
 属性カオス《ダーク・アームド・ドラゴン》コストになる闇属性という点も恵まれている。

 当の【サイキック族】においては、《サイ・ガール》《サイコジャンパー》など、コンボに利用できるレベルチューナーが多く、採用するかは構築次第となる。
 闇属性が少ないサイキック族属性面の活用は難しめで、他の主要チューナーが対応する《ナチュル・ビースト》などのシンクロ素材になれない点が痛く、《魔王龍 ベエルゼ》などを狙うとレベルの低さが響きがちになる。

 なお、800というライフコストは一見大したことがないように見えるが、複数回攻撃されるとあっという間にライフが減ってしまう。
 3体に攻撃されれば2400も支払う羽目になり、10回使うと自滅してしまう。
 基本的には《緊急テレポート》による運用を第一に考え、にするのは緊急避難と考えたほうがよいだろう。

  • 目と思しき部分は「≧(大なりイコール)」と「≦(小なりイコール)」という記号で表されている。
    この記号は普段から顔文字を作る際に目を表すパーツとしてよく使われる。
    また、背景にはデジタルの要素である「0」と「1」が複数描かれており、コンピュータを連想させるイラストとなっている。
  • 名前の元ネタは超能力の一つである「クレヤボヤンス(clairvoyance)」だろう。
    千里眼を意味し、光学的に有り得ないはずの位置の物体や事象を見たり、離れた土地の出来事を見たりすることが出来る能力のことである。
    また、透視や鋭い洞察力を意味する単語でもある。
  • 「クレヤボヤンス」という単語自体は、仏語で「clair」+「voyant」で「明視」を意味することから成り立ったものである。
    このような由来にもかかわらず、元の単語を全く想起させない英語名を与えられてしまったため、そこから元ネタを探ることは難しくなっている。
  • 緑色に光らせた両手を回し、イラストにもあるブロックをぶつけて攻撃する演出である。
  • アニメARC-Vでは、榊遊勝がこのカードと名前の元ネタが同じである通常魔法透視(クリアボヤンス)》を使用している。

関連カード

―《クレボンス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:この効果対象をとりますか?
A:いいえ、対象をとりません。(08/05/04)

Q:バトルステップで、一度チェーンが発生し解決した後に効果発動できますか?
A:いいえ、できません。
  最初でのみ発動できます。(10/03/12)

Q:自分モンスター相手攻撃を行いました。
  この時点では優先権自分にあるので、《サイクロン》発動しました。
  相手は、この《サイクロン》(スペルスピード2)にチェーンして《クレボンス》(スペルスピード1)の効果発動できますか?
A:《クレボンス》に攻撃を行った場合、まず《クレボンス》の効果発動するかどうかを相手が決めます。
  《クレボンス》の効果相手発動する場合、自分はそれにチェーンをして《サイクロン》発動する事ができます。(10/10/31)


Tag: 《クレボンス》 効果モンスター チューナーモンスター モンスター 星2 闇属性 サイキック族 攻1200 守400

広告