《グランドクロス/Grand Convergence》

速攻魔法
自分フィールド上に「マクロコスモス」が存在する時に発動する事ができる。
相手ライフに300ポイントダメージを与え、
フィールド上のモンスターを全て破壊する。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した速攻魔法
 自分フィールド《マクロコスモス》が存在する場合に、フィールドモンスターを全て破壊して相手ダメージを与える効果を持つ。

 フリーチェーン《ブラック・ホール》という恐るべき除去性能を持つ。
 更に破壊したモンスター《マクロコスモス》効果除外されるため、墓地利用も許さない。
 自分モンスターも全て除外されてしまうが、《異次元の生還者》《異次元の偵察機》を使えば損失は0である。

 問題点はサーチ手段に乏しい《マクロコスモス》が必要なため、手札事故の原因となること。
 《マクロコスモス》墓地を利用するデッキに対するメタカードとして用いられる事が多いが、その場合《マクロコスモス》を維持すれば勝てるので、オーバーキルな側面も強い。
 【次元ビートダウン】のようにメインデッキから《マクロコスモス》を使うデッキにおいて、アクセント的に使うのが現実的だろう。

  • 「グランドクロス」とは、太陽系の惑星が十字状に並ぶ現象のことを指す言葉である。
    (一直線に並ぶ「惑星直列」とは異なる)
    占星術においては、グランドクロスが起きるときは大いなる試練が与えられるとされる。
    イラストでは太陽とその周りの惑星がクロス(十字)を描いて並んでいる。
    惑星は実物同様きちんと9つ(現在では最外部の冥王星は含まないが、このカードの初出時は冥王星も惑星扱いだった)になっているが、各々の大きさ・軌道の幅の比は無視され、全て大差なく描かれている。
  • 海外版では十字模様がなくなり、惑星軌道が同心円状に並んでいるだけの絵にされている。
    「グランドクロス」自体は天文現象なのだが、十字のマークだけでも問題視されるようだ。
    英語名の「Convergence」は「一点集中」を意味する。
  • アニメでのイラストは背景が少々異なり、惑星がボタンのような形状となっており十字も光っておらず、十字型のゲームコントローラーのようなイラストになっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《マクロコスモス》カードの発動時にこのカードチェーン発動する事ができますか?
A:はい、できます。(17/06/18)

Q:このカードの効果効果解決時《マクロコスモス》自分フィールド上に存在しない場合、このカードの効果を処理しますか?
A:はい。効果を処理します。(06/02/24)

Q:相手のこのカードの発動チェーンをして、《ピケルの魔法陣》等を発動し、効果処理の時に自分ダメージを受けない場合でも、モンスターを全て破壊する処理は行いますか?
A:はい、その場合でも破壊する効果は処理します。(10/05/28)


Tag: 《グランドクロス》 魔法 速攻魔法

広告