《グリッド・スィーパー/Grid Sweeper》

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻 100/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):墓地のこのカード及び自分フィールドのリンクモンスター1体を除外して発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 DARK NEOSTORMで登場した光属性サイバース族下級モンスター
 フィールド魔法が存在する場合に手札から特殊召喚できる起動効果墓地の自身とフィールドリンクモンスターコストフィールドのカード破壊する起動効果を持つ。

 サイバース族に関連するフィールド魔法としては《サイバネット・ストーム》などがあり、《マイクロ・コーダー》などを使えばサーチできる。
 《転生炎獣ベイルリンクス》を使用する【サラマングレイト】でも特殊召喚の条件は容易に満たせる。
 フィールド魔法と自己特殊召喚に関連するモンスターでは《先史遺産トゥーラ・ガーディアン》《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》等が存在する。
 レベルステータスは一長一短であるが下級モンスター故に腐りづらい、《地獄の暴走召喚》に繋げられるといった利点がある。
 《サイバネット・マイニング》《サイバース・ビーコン》のようなサーチ手段が豊富なところも(1)の効果に繋げやすい。

 (2)の効果カードの種類を問わないがコストリンクモンスターとやや重い
 除外するモンスター《サイバース・ウィッチ》等の効果使用後フィールドに残る物が良いだろう。
 リンク素材にできず、戦闘要員にもなれない《セキュア・ガードナー》のようなモンスターの処理に使うことも検討できる。

 自身を召喚して適当なリンク1のリンク素材とした後に(2)を発動すれば、召喚権エクストラデッキカード1枚を消費した除去カードとして見なせる。
 対処されやすい破壊ではあるが、カードの種類は問わず対象も取らない効果なので除去としての性能は悪くはない。
 【Sin】では召喚権が余りがちな上に(1)の特殊召喚も狙いやすく、構築次第ではエクストラデッキも重視しないため相性が良い。
 墓地発動するためあちらに採用されやすい《スキルドレイン》の影響を受けないのも利点。
 また、【地縛神】では、状況においてリリース要員と使い分けることも可能。

  • 「グリッド/Grid」とは方眼紙のように四角形で区切られた形状(格子)の事を指す。
    コンピュータ用語としては複数のコンピュータを組み合わせて性能を高める「グリッド・コンピュータ」という物もある。
    「スィーパー」とは掃除機という意味であり、このモンスターのデザインも「ルンバ」などのロボット掃除機に似ている。
    • Windowsに古くから搭載されている事でも知られる「マインスイーパー」というゲームがある。
      格子状に区切られたマスから地雷を探し当てるゲームなのだが、「グリッド」という単語を持ってきたため、これもモチーフに含まれているのかもしれない。

収録パック等


Tag: 《グリッド・スィーパー》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 サイバース族 攻100 守2000

広告