《ゲイシャドウ/Maiden of Macabre》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1700/守   0
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
このカードの攻撃力は、このカードに乗っている
魔力カウンターの数×200ポイントアップする。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 自身に魔力カウンターを置く誘発効果、自身の攻撃力強化する永続効果を持つ。

 魔力カウンター自己強化できるので、《見習い魔術師》等で数を増やしさらに攻撃力を上昇させる事ができる。
 しかし、初めからより高い攻撃力相手の行動妨害効果を備える《ライオウ》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》の方が単純なアタッカーとしては使いやすい。
 魔力カウンターを稼げるカードとして見ても、《魔導戦士 ブレイカー》なら召喚するだけで魔力カウンター1個を稼げ、攻撃力1900を備えている。
 闇属性守備力0である事から、《暗躍のドルイド・ドリュース》と合わせて《Emトラピーズ・マジシャン》エクシーズ素材としても活用できるが、この点でも《シャドール・ドラゴン》というライバルが存在する。

 なので2回以上戦闘破壊することを前提条件にしなければ、このカードをわざわざ採用する意味は生まれない。
 魔力カウンターの個数に上限はないので、《クルセイダー・オブ・エンディミオン》等で魔力カウンターを乗せ、アタッカーとすることもできなくはない。

  • 「maiden」とは英語で「乙女」、「macabre」とは英語で「(死を彷彿させる)気味の悪い」という意味である。
  • 簪や着物を身に着けた芸者風の姿をしており、かなり強く「和」を感じさせるモンスター
    おそらく、日本語名は「ゲイシャ(芸者)」と「シャドウ」を合わせたものだろう。
    「芸者道」という言葉をそのままカタカナにしただけとも取れる。
  • 元々は、海外版The Duelist Genesisで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。
    なお日本で発売される際に海外版では隠されていた胸元が露出されているという、海外でのイラスト変更とは逆の現象が起こっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ゲイシャドウ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1700 守0

広告