《コアキメイル・ヴァラファール/Koa'ki Meiru Valafar》

効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻3000/守2100
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送る。
または、墓地へ送らずにこのカードを破壊する。
このカードは「コアキメイル」と名のついたモンスター1体を
リリースしてアドバンス召喚する事ができる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
このカードは罠カードの効果では破壊されない。

 RAGING BATTLEで登場した炎属性悪魔族最上級モンスター
 コアキメイル共通の維持コスト効果外テキスト)と、コアキメイル1体をリリースしてアドバンス召喚できる効果外テキスト貫通永続効果罠カードに対する破壊耐性永続効果を持つ。

 最上級モンスターではあるがリリース軽減効果を持ち、特殊召喚モンスターでもないのでフィールドに出すのは容易。
 更に高い攻撃力を活かしやすい貫通効果と、罠カードに対する破壊耐性を持つ。
 これによりモンスターに阻まれることもなく、《激流葬》《奈落の落とし穴》等を気にせずに攻撃することが可能。
 ただし、《神の宣告》等の召喚無効にするカウンター罠や、《次元幽閉》等の破壊を介さない罠カードには無力。

 また、《リビングデッドの呼び声》等の効果でも破壊されないため実質完全蘇生となる。
 《ポールポジション》との相性も良く、罠カードへの破壊耐性に加えて魔法カードへの耐性も得られる。
 自身の攻撃力によりほぼ確実に耐性を得ることができ、何より《ポールポジション》破壊されてもこのカード破壊されることはない。

 難点としてエンドフェイズ毎に発生するコアキメイル共通の特殊なコストの要求がある。
 このカード《コアキメイルの鋼核》墓地へ送る以外の方法で維持ができず、【コアキメイル】以外では使いきりのアタッカーとなってしまう。
 《鋼核合成獣研究所》と併用するか《火霊術−「紅」》コストにする等でディスアドバンテージの軽減に努めたいところ。
 《悪魔の憑代》リリースをなくして召喚すれば、《悪魔の憑代》墓地へ送ることで一度だけ自壊を回避することもできる。
 もしくは岩石族コアキメイルと共に《E−HERO ダーク・ガイア》融合召喚するのも良い。
 岩石族コアキメイルには攻撃力が高く、効果無効にできる《コアキメイル・ガーディアン》《コアキメイル・サンドマン》《コアキメイル・ウォール》が存在する。
 《ダーク・コーリング》による墓地融合も可能なため、自壊によるデメリット融合召喚の布石にできる。

 維持コスト効果ではないため、効果を得るモンスターでこのカードをコピーしても貫通耐性メリット効果のみが残ることになる。
 しかし、現状この点を活かせるのは禁止カード《The tyrant NEPTUNE》のみである。

  • 「ヴァラファール(Valefar)」とは地獄の公爵であり、ソロモン72柱の一柱にも数えられる悪魔。
    文献によっては「ウァレフォル(Valefor)」、「マレファル(Malaphar)」とも記述される。
    魔法の薬の合成法や盗賊の技術に長けていたとされる。
  • デッキ名の元ネタはアーケードゲーム「北斗の拳」のプレイヤー間で使われているネタ台詞「命は投げ捨てるもの」だろうか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《コアキメイル・ヴァラファール》 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 悪魔族 攻3000 守2100 コアキメイル

広告