《コドモドラゴン/Kidmodo Dragon》

効果モンスター
星3/地属性/ドラゴン族/攻 100/守 200
このカードが墓地へ送られた場合、
手札からドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、
自分はドラゴン族以外のモンスターを特殊召喚できず、
バトルフェイズを行えない。
「コドモドラゴン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ジャンプフェスタ2013(1日目) プロモーションカードで登場した地属性ドラゴン族下級モンスター
 墓地へ送られた場合、手札ドラゴン族特殊召喚する効果を持つ。

 自身による特殊召喚効果手札に限定されているため、普通に墓地へ送られただけではカード・アドバンテージを失いやすく、ドラゴン族を充分に確保できなければ有効に活用しにくい。
 ドラゴン族上級最上級モンスターに強力なカードが多く、《代打バッター》等と比較すると扱いやすいが、バトルフェイズが行えなくなるため、自分ターン発動すると戦闘破壊で損失を取り戻すといった動きができない。
 しかしそれでも《仮面竜》《ライトパルサー・ドラゴン》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》特殊召喚する事で、戦闘ダメージ効果除去によるディスアドバンテージを軽減できるので狙ってみるのも良いだろう。
 どこから墓地へ送られても発動タイミングも逃さないが、《竜の渓谷》《ダークフレア・ドラゴン》エクシーズ素材としての使用にはこのデメリットをよく考慮する必要があるだろう。
 発動したターンダメージを与えるのが難しくなるので、可能ならば相手ターン発動させデメリットを帳消しにしたい。

 《神竜 アポカリプス》《創世竜》墓地からサルベージしたドラゴン族特殊召喚するのも有効で《仮面竜》《巨大ネズミ》等のリクルーター特殊召喚できる点もメリットとなっている。
 手札上級モンスターが存在する場合なら《ドラゴン・ウィッチ−ドラゴンの守護者−》等の手札コストにしても良い。
 デュアルモンスター《ダークストーム・ドラゴン》特殊召喚する事で即座に再度召喚し、効果発動できる。

 《デブリ・ドラゴン》から蘇生可能な攻撃力であり、レベル7のシンクロ召喚を行うと共に効果手札から展開できる。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》なら全体除去後に特殊召喚でき、《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》なら特殊召喚デメリットを相殺できる。
 《妖精竜 エンシェント》《月華竜 ブラック・ローズ》ならば効果モンスター除去することで攻撃の代わりとすることができる。

  • 名前は、実在の爬虫類「コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)」と「子供」を引っかけている。
    コモドドラゴンはインドネシアのコモド島周辺に生息し、オオトカゲ科に分類されるトカゲである。
    英語名では「Kid(子供)」と掛けている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手ターンダメージステップ中に特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/12/22)

広告