《コマンド・ナイト/Command Knight》

効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1200/守1900
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上に表側表示で存在する戦士族モンスターの攻撃力は400ポイントアップする。
また、自分フィールド上に他のモンスターが存在する場合、
相手は表側表示で存在するこのカードを攻撃対象に選択する事はできない。

 STRUCTURE DECK−城之内編−で登場した炎属性戦士族下級モンスター
 自身への攻撃の封印、及び戦士族攻撃力を上昇する永続効果を持つ。

 ノーコスト全体強化ができ、強化値も400ポイントとそこそこの数値。
 高めの守備力リクルーターに対応する元々の攻撃力も利点である。
 また攻撃対象を制限する効果により戦闘破壊されにくく、またこのモンスターを2体並べれば相手はいずれの《コマンド・ナイト》も攻撃対象にできなくなる。
 ただしモンスター除去には弱いので、《禁じられた聖槍》等で守りたいところ。

 《不死武士》《切り込み隊長》などとは並べやすく、エクシーズ召喚等を中心とせず、モンスターを並べて戦線を維持するタイプの【戦士族】ならば活躍しやすい。
 状況をさほど選ばず併用できる《連合軍》等でさらに強化すれば、このカード自身も十分なアタッカーとなる。

 かつては下級モンスター主体の【戦士族】における強化の軸であったが、下級を並べて戦闘に臨むような環境が遠のき、更に攻撃力の高い戦士族エクシーズモンスターの登場で打点の低さが解消され、このカードの価値は相対的に下がったと言える。
 一方で2回攻撃能力を持つ《機甲忍者ブレード・ハート》とは相乗効果が見込め、共存そのものは難しくない。
 しかし、エクシーズ召喚を中心とする場合、エクシーズ素材として特化している《H・C エクストラ・ソード》に採用率を空けられがちである。

 差別化要素としては、イグナイトペンデュラム効果に対応している点だろう。
 ペンデュラム召喚イグナイトと合わせて展開すれば、全体強化も活かせる。
 攻撃力守備力の合計は自身の効果も加味すれば3500になるので、《最強の盾》を使えば手軽に高打点を得られる。

 他にはシンクロモンスター上級モンスターなどレベルがばらけたデッキを扱ったり、《召魔装着》と並べて更なる強化を狙ったりするのも手である。
 単体だけで見れば他のカードとあまり変わる訳ではないが、妨害を行えるモンスターが増えた事である程度は再びメインデッキ戦闘力が求められるようになったため、そのモンスターを突破しつつシンクロ素材等にする手段として用いる事はできる。

  • イラストは中性的でわかりづらいが、女性である。
    初出である真DM2の攻略本では、「女性の身でありながら、卓越した剣技と戦術指揮力を持つ将軍」と記されている。
    ただし、同作品においては《サイバー・ボンテージ》等の女性専用強化魔法を装備できなかった。
    この他、《反目の従者》・《選択されなかった者》・《属性重力−アトリビュート・グラビティ》などのイラストでは女性的な顔立ちで描かれている。
  • アニメGXでは以下のデュエルで使用されたカードイラスト4種類にて確認できる。
    • 「十代vsクロノス」(2戦目)で十代が使用した装備魔法《サイクロン・ウィング》
    • 「オブライエンvsミスターT(オブライエンの父に擬態)」戦でミスターTが使用した通常魔法《選択されなかった者》と《ビッグ・ヴォルケーノ》
    • 「十代vsヨハンvs藤原」戦で藤原が使用した永続罠《属性重力−アトリビュート・グラビティ》
  • アニメではゲーム作品の3Dモデルとは異なりスカートをはいているのが確認できる。
  • 《選択されなかった者》・《属性重力−アトリビュート・グラビティ》はTAG FORCE 3以降のTFシリーズにオリジナルカードとして登場している。

関連カード

―《コマンド・ナイト》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード《ガーディアン・ケースト》等の「相手モンスターからの攻撃対象にされない」効果を持つモンスターと同時にフィールドに並べた場合、相手モンスター攻撃できますか?
A:直接攻撃できるモンスター以外、攻撃できなくなります。

Q:《UFOタートル》効果特殊召喚できますか?
  (フィールド上に出たときに自身の効果攻撃力が1501以上になるため。)
A:元々の攻撃力は1200であるため《UFOタートル》特殊召喚が可能です。


Tag: 《コマンド・ナイト》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 戦士族 攻1200 守1900

広告