《サーマル・ジェネクス/Thermal Genex》

シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/機械族/攻2400/守1200
「ジェネクス・コントローラー」+チューナー以外の炎属性モンスター1体以上
このカードの攻撃力は自分の墓地の
炎属性モンスターの数×200ポイントアップする。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
自分の墓地の「ジェネクス」と名のついた
モンスターの数×200ポイントダメージを相手ライフに与える。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した炎属性機械族シンクロモンスター
 自身の攻撃力強化する永続効果と、相手ライフダメージを与える誘発効果を持つ。

 チューナーには《ジェネクス・コントローラー》を要求することから、非チューナー炎属性にはレベル5を用意しなければならない。
 《簡易融合》ならば《炎の剣士》《朱雀》が存在し、後者ならば《エンシェント・ゴッド・フレムベル》シンクロ素材としても使える。
 《炎王の急襲》からレベル5の炎星リクルートしたり、《機甲忍者フレイム》《魔導戦士 フォルス》効果を利用したりする方法もある。
 後者2種に関しては《予想GUY》から《ジェネクス・コントローラー》リクルートすることで召喚権も確保しやすい。
 同様に【ジェネクス】の場合は手札《ジェネクス・ヒート》リリース軽減効果も活かせる。

 シンクロ素材炎属性を指定するので大抵の場合攻撃力は最低でも2600となる。
 【炎属性】寄りのデッキならば攻撃力3000を超えやすくなるので、《UFOタートル》墓地を肥やしつつシンクロ素材リクルートを行うのも手。
 【ラヴァル】寄りになるが《炎熱伝導場》ならばより簡単に墓地を肥やせ《真炎の爆発》で手軽にシンクロ素材を揃えられるが、やや構築が難しいか。
 バーン効果チューナー《ジェネクス・コントローラー》を要求するため、最低でも戦闘ダメージに200ダメージを加算した数値を与えられる。

 しかし、2重の縛りの面からも、下手に事故率を上げてこのカードにこだわるより、他のレベル8のシンクロモンスターを採用した方が無難である。
 高い攻撃力が欲しいなら縛りの無い《えん魔竜 レッド・デーモン》、更に闇属性チューナーを使う時点で耐性もある《魔王龍 ベエルゼ》も選択できる。
 バーン効果《A・ジェネクス・トライフォース》の方がダメージ効率が高く、シンクロ素材に必ずしも上級モンスターを要求しない。
 ジェネクスは出しやすいものがレベル6〜7に集中している事や、同じレベル《A・ジェネクス・アクセル》属性を問わない点、属性種族の問題から《御前試合》《群雄割拠》なりで差別化するのも難しいのも難点である。

  • 「サーマル(Thermal)」とは「熱の」を意味する形容詞である。
    DUEL TERMINALでは青白い高熱の水蒸気を吹いて攻撃し、DTマスターガイドでも火力発電と紹介されている。

関連カード

効果関連

炎属性レベル5のモンスター

―自身の効果レベルの変更が可能な炎属性モンスター

収録パック等

FAQ

Q:相打ちでも効果発動することはできますか?
A:はい、できます。(09/10/05)


Tag: 《サーマル・ジェネクス》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 機械族 攻2400 守1200 ジェネクス

広告