《サイコ・ブレイド/Psychic Blade》

装備魔法
「サイコ・ブレイド」は1ターンに1枚しか発動できない。
100の倍数のLPを払って、このカードを発動できる(最大2000まで)。
(1):装備モンスターの攻撃力・守備力は、
このカードを発動するために払ったLPの数値分アップする。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した装備魔法
 発動時に払ったライフの数値分、装備モンスターステータス強化する効果を持つ。

 最大2000の強化を行える装備魔法
 ライフコストは軽視できないところだが、デメリット効果無しの装備魔法としては最大の強化値を誇る。
 《デーモンの斧》《団結の力》《魔導師の力》等がライバルとなるが、それぞれ特徴があるのでデッキと相性の良いものを選択すると良いだろう。
 例えば《弦魔人ムズムズリズム》などは最大値の場合7000打点を叩きだせる。

 とは言え、ディスアドバンテージを負いやすい装備魔法自体の評価が低い。
 高い強化値と言っても固定の数値なので、1ターンキルを狙える《巨大化》等の方が瞬間火力としては上であり、見劣りしてしまうのは否めない。
 ただ、能動的に高いライフポイントを払う関係で《巨大化》《サイコ・ソード》との相性は悪くなく、装備魔法を軸にするデッキなら併用も考えられる。
 また、ライフポイントを払いつつ攻撃力を上昇できるので、《E・HERO エアー・ネオス》との相性も良い。
 通常は効果がかみ合わず相性が悪い融合素材《N・エア・ハミングバード》効果も、このカードライフコストのための回復とすることができる。

 元々の攻撃力が低いため《巨大化》と相性が悪い《LL−アセンブリー・ナイチンゲール》は、こちらとは相性が良い。
 最大2000の強化をした上でエクシーズ素材3つを持たせられれば1ターンで7800もの戦闘ダメージとなり、ほぼ1ターンキルとなる。
 同じく《LL−アセンブリー・ナイチンゲール》と相性の良い《進化する人類》とはライフコストを払う点で噛み合いが良く、2つを同時に装備できればエクシーズ素材2つでの1ターンキルも可能。

 【大逆転クイズ】への採用も考えられる。
 上限はあるがライフポイントの調整が容易、速攻性があるという点で《光の護封壁》等に勝る。
 また、《黒いペンダント》《風魔手裏剣》とは《アームズ・ホール》を共有できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイコ・ブレイド》 魔法 装備魔法

広告