《サイバー・オーガ/Cyber Ogre》

効果モンスター
星5/地属性/機械族/攻1900/守1200
このカードを手札から墓地に捨てる。
自分フィールド上に存在する「サイバー・オーガ」1体が行う戦闘を1度だけ無効にし、
さらに次の戦闘終了時まで攻撃力は2000ポイントアップする。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

 CYBERDARK IMPACTで登場した地属性機械族上級モンスター
 同名カード戦闘から守り、攻撃力を上昇させる手札誘発誘発即時効果を持つ。
 《サイバー・オーガ・2》融合素材でもある。

 効果発動に成功すれば、攻撃力3900まで上げることができる。
 しかし、低攻撃力上級モンスター手札フィールドに揃えなければならない上に、ターンをまたがなければ攻撃できないため妨害されやすい。
 《リミッター解除》との併用もできるとは言え、1回限りの攻撃力アップには高すぎるリスクである。
 幸いサーチできるカードコンボ可能なカードはいくつかあるため、そちらとの併用を前提としたい。

 《ダブル・アップ・チャンス》とは極めて相性が良く、自身の攻撃時に効果発動する事でタイムラグなく次の攻撃ができる上に、その攻撃力は7800にまで達する。
 コンボ成功時の攻撃力こそ7400とわずかに落ちるが、《E・HERO プリズマー》を利用すればコンボは安定する。
 《ヒーローアライブ》から《E・HERO エアーマン》を経由すれば《No.39 希望皇ホープ》エクシーズ召喚も可能になるので《ダブル・アップ・チャンス》腐るのを防ぐ事も可能である。
 ディスアドバンテージは大きいが、E・HEROとは《融合》等も共有可能である。

 サーチ手段として《融合準備》《融合徴兵》が存在するため、ややタイミングが遅くなるものの手札に加えることは難しくない。
 フィールド上にもう1体のこのモンスターが必要になるが、これに関しては上述のように《E・HERO プリズマー》によるカード名変更を利用するのがベストである。
 もしくはガジェットなどのレベル4・地属性機械族《トランスターン》を使ってリクルートしてもいい。

 実質的な扱いは魔法・罠カードに近いものがあるが、《ダブル・アップ・チャンス》ともどもコンボ専用である。
 さらにはサーチサルベージ手段も限られているため、専用デッキを組むにしても前述の《No.39 希望皇ホープ》等、別の勝ち筋も意識はした方が良いだろう。
 《融合準備》を活かして《融合》を採用すれば《サイバー・オーガ・2》融合召喚も狙えるが、このカードの効果自体とは相性が悪い。

 専用サポートカードとして《バイロード・サクリファイス》が存在するが、このカード手札にあったほうが都合が良いので、あえて採用する必要性は薄い。

  • 効果適用する期間が次の戦闘終了時までというのは非常に珍しく、現在のところ他には存在していない。

関連カード

融合関連

収録パック等

FAQ

Q:《魔法の筒》チェーンして効果発動した場合、どうなりますか?
A:攻撃を中止するため、《魔法の筒》不発になります。(10/09/02)

Q:メインフェイズに使用できますか?
A:いいえ、できません。バトルフェイズバトルステップでのみ使用できます。
  また、「戦闘無効にする」という都合上、ダメージステップに使用することはできません。(07/05/03)

Q:自分の《サイバー・オーガ》が攻撃するときに効果を使用した場合、どうなりますか?
A:攻撃無効になります。なお、そのターン再度《サイバー・オーガ》で攻撃することはできません。(07/01/13)

Q:《サイバー・オーガ》の効果攻撃を止めた場合、《ダブル・アップ・チャンス》発動できますか?
A:できます。(11/04/20)


Tag: 《サイバー・オーガ》 効果モンスター モンスター 星5 地属性 機械族 攻1900 守1200

広告