《サイバース・クアンタム・ドラゴン/Cyberse Quantum Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、
相手はこのカード以外の自分フィールドのモンスターを、
攻撃対象にできず、効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果を発動した場合、このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

 SAVAGE STRIKEで登場した闇属性サイバース族シンクロモンスター
 リンクモンスターが存在する限り、他のモンスターを守る効果戦闘を行う相手モンスターバウンスしもう1度攻撃可能にする効果を持つ。

 シンクロ素材の指定を持たないため、ある程度チューナーを擁するデッキであればシンクロ召喚は容易。

 (1)はリンクモンスターが存在する時に、自身以外のモンスター攻撃対象効果の対象にできなくする効果
 《サイバース・クロック・ドラゴン》などと同様のもので、《水晶機巧−ハリファイバー》を経由して出せば条件は簡単に満たせる。
 このカード自身には耐性は付かないが、(2)の効果により事実上1ターンに1度戦闘破壊耐性があるため、手軽さの割に強固な布陣を作れる。
 《ハニーボット》等で相互に耐性を与えられればなおよい。

 (2)は相手モンスターバウンスし、再攻撃可能にする効果
 相手モンスター1体をバウンスして攻撃するだけなら、同レベルシンクロモンスターである《月華竜 ブラック・ローズ》という選択肢がある。
 しかしこちらは《N・グラン・モール》のように「対象を取らないバウンス」であり、耐性で防ぎにくく突破力が高い。
 相手ターン攻撃対象になった場合にも使えるため、1ターンに1度戦闘破壊耐性とみなすこともできる。

 同じレベルシンクロモンスターで採用率が高いものとしては、《月華竜 ブラック・ローズ》《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》が挙げられる。
 これらに比べると、このカード相手ターンに発揮できるコントロール系の効果がなく、制圧力では見劣りする。
 一方で相手モンスターレベルを問わず全ての効果を使えるので、リンク召喚デッキなど高レベルモンスターを使わないデッキにも強く出られる。
 相手のデッキ環境を読みつつうまく使い分けたい。

  • 「クアンタム(Quantum:クァンタム、クオンタムとも)」は、「量子」を意味する。
    学問の一つ「量子論」などにおける物理量の最小単位であり、光のように粒子と波動両方の性質を持つ。
    サイバース族であることを考えると、「量子コンピュータ」もモチーフだろう。
  • シンクロ召喚時の口上は「紫電一閃!未知なる力が飛竜乗雲となる。シンクロ召喚!降臨せよ!《サイバース・クアンタム・ドラゴン》!」
  • 口上にある「紫電一閃」・「飛竜乗雲」とはそれぞれ「事態の急激な変化」・「流れに乗って才能を発揮する」という意味。
  • 他の《サイバース・○○》と違い、入手方法が明確に描写されている。
    また、「Neo Storm Access」でこのカードを入手した際、データストームの規模が大きく小さくなる演出がなされている。
  • 攻撃名の「エンクリプション(encryption)」とは暗号化を意味する。

関連カード

―(1)の効果と同じ効果を持つサイバース族モンスター

―(2)の類似効果

収録パック等


Tag: 《サイバース・クアンタム・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 サイバース族 攻2500 守2000

広告