《サイバーダーク・インパクト!/Cyberdark Impact!》

通常魔法
(1):自分の手札・フィールド・墓地から、
「サイバー・ダーク・ホーン」「サイバー・ダーク・エッジ」
「サイバー・ダーク・キール」を1枚ずつ持ち主のデッキに戻し、
「鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン」1体をEXデッキから融合召喚する。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した通常魔法
 手札フィールド墓地から指定されたモンスターデッキ戻し《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》融合召喚する効果を持つ。

 《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》の専用融合カード
 ただし、墓地アドバンテージ除外アドバンテージは獲得できず、融合素材代用モンスターも使用できないため、他の融合召喚カードとは使い方が大きく異なる。
 また、《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》に装備させるドラゴン族墓地へ送る必要があるため、発動条件の準備にはかなり手間が掛かる。

 《サイバー・ダーク・カノン》《サイバー・ダーク・クロー》と相性が良く、機械族サイバー・ダークやこのカードサーチしつつ、装備用のドラゴン族墓地へ送る事が可能。
 この他、《終末の騎士》《ダーク・グレファー》等も合わせれば、素早く発動条件を揃えられる。

 比較対象は、同じ墓地融合カード《オーバーロード・フュージョン》だろう。
 こちらは、《サイバー・ダーク・クロー》サーチ可能な上に、サイバー・ダーク除外よりもデッキ戻す方が再利用手段が多いのが利点。
 一方で向こうは、《鎧獄竜−サイバー・ダークネス・ドラゴン》融合召喚が可能である事から一長一短であるため、どちらを優先するかよく考えて採用したい。

  • 素材とするモンスターの名前が指定されている唯一の融合魔法カードである。
    このため、上記のような特殊な特徴を持っていると考えられる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのスピードデュエルでこのカードをスキャンした場合、スキャン枠を1つ使ってしまうため、下級サイバー・ダークを2体までしかスキャンできなくなり、効果を使えなくなってしまう。
    よって、このカードをスキャンし効果を使うためにはデスティニースキャンを使う必要がある。
    隠しデッキ「フル・ダークネス・バースト」にはスキャンしなくてもこのカードが入っている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果《沼地の魔神王》などの融合素材代用モンスターデッキ戻すことはできますか?
A:いいえ、できません。テキストに記されているモンスターデッキに戻さなければいけません。

Q:このカードの効果融合召喚をする際に《チェーン・マテリアル》《サイバネティック・フュージョン・サポート》効果を使用できますか?
A:いいえ、それらの効果を使用することはできません。(14/01/11)

Q:《サイバーダーク・インパクト!》を発動する時に、手札カード及びフィールド上で裏側守備表示になっているカード融合素材として使用する時は正規の融合素材であることを確認する為に一度該当のカード公開しますか?
A:《サイバーダーク・インパクト!》の効果によって、手札またはフィールド上に裏側守備表示で存在する《サイバー・ダーク・ホーン》等をデッキ戻す場合、相手カード確認させます。

Q:自分フィールド魔法&罠カードゾーンに存在する《サイバー・ダーク・ホーン》等をデッキ戻す事ができますか?
A:はい、できます。(12/06/30)


Tag: 《サイバーダーク・インパクト!》 魔法 通常魔法 サイバー サイバーダーク

広告