《サイバネット・リフレッシュ》

通常罠
(1):相手のサイバース族モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターンのエンドフェイズにこの効果で破壊したサイバース族リンクモンスターを可能な限り、
墓地から持ち主のフィールドに特殊召喚する。
(2):相手モンスターの効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドのサイバース族リンクモンスターはターン終了時まで
自身以外のカードの効果を受けない。

 EXTREME FORCEで登場した通常罠
 相手サイバース族モンスター攻撃宣言時にメインモンスターゾーンモンスター破壊しその中のサイバース族リンクモンスター蘇生する効果、自身の墓地除外サイバース族リンクモンスター効果耐性を与える効果を持つ。

 (1)の効果サイバース族相手コントロールしている事が前提であるため、安定して狙う事が困難である。
 コントロール奪取される・蘇生で奪われるなどでも条件を満たせるが、相手依存となる。
 こちらからサイバース族を送り付ける手もあるが、そのモンスター攻撃宣言を行うとは限らず、その前にリンク素材等に使われるリスクもあり現実的ではない。
 《DNA改造手術》を使えば発動条件を満たし易く、サイバース族縛りのクリアを容易にする目的でカムフラージュすれば不意はつけるかもしれない。
 あるいは、相手バトルフェイズ中に《スウィッチヒーロー》で強引に全て入れ替えてしまうのも手か。

 しかしそこまでしてもメインモンスターゾーン限定の全体除去であるため、リターンとしては微妙。
 自分モンスターまで破壊してしまう上に、エクストラモンスターゾーンモンスターには無力なので相手の切り札が残ってしまう可能性も高い。
 加えて「持ち主フィールド」にサイバース族リンクモンスター蘇生させる効果まであるので、相手【サイバース族】であったとしてもメタカードとしては機能しない。
 そもそも罠カード全体除去がしたいのならば、相手のみを破壊する《聖なるバリア −ミラーフォース−》攻撃反応型よりも除去されにくい《激流葬》など他に候補は存在する。
 自分サイバース族送りつけてから使うことを考えてもおよそ実戦向きとは言い難い。

 (2)は墓地の自身を除外してサイバース族リンクモンスター効果を受けない耐性を1ターンの間与える効果
 モンスター効果に対して発動するため、最初に魔法・罠カードで狙われるとチェーン発動できないのが難点だが、近年は除去モンスター効果に依存したデッキが多いのでそこまで難しくはないだろう。
 (1)の効果よりは圧倒的に扱いやすく、手札コストなどで早々に墓地に送ってしまっていいだろう。

関連カード

―「サイバネット」と名のついたカードについては《サイバネット・ユニバース》を参照。

収録パック等


Tag: 《サイバネット・リフレッシュ》 通常罠

広告