《サイバネティック・フュージョン・サポート/Cybernetic Fusion Support》

速攻魔法
ライフポイントを半分払って発動できる。
このターン、自分が機械族の融合モンスターを融合召喚する場合に1度だけ、
その融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを
自分の手札・フィールド上・墓地から選んでゲームから除外し、
これらを融合素材にできる。
「サイバネティック・フュージョン・サポート」は1ターンに1枚しか発動できない。

 GOLD SERIES 2014で登場した速攻魔法
 ライフ半分をコストに、1度だけ機械族モンスター融合を行う際に自分手札フィールド墓地モンスター除外して融合素材にできる。

 1回限りの機械族《チェーン・マテリアル》のような効果だが、デッキからは除外することができない。
 そのため、あちらほど手軽に融合召喚を行えるようにすることはできず、《フュージョン・ゲート》とのコンボにも繋がらない。
 主に、手札フィールド融合墓地融合へと変換するのが狙いとなるだろう。

 《チェーン・マテリアル》のような攻撃制限や自壊といったデメリットはないため、融合召喚したモンスターは通常通り運用できる。
 また、サイバネティックの名を持つため《サイバー・ドラゴン・コア》からサーチでき、即座に使用できる魔法カードである点を合わせて使い勝手を高めている。

 【サイバー・ドラゴン】ならば《サイバー・ドラゴン・コア》で同時に1体分の融合素材を調達できるため相性が良い。
 墓地モンスター融合素材とすれば《サイバー・ドラゴン・コア》融合召喚カードの実質2枚消費で展開でき、効率が良い。
 《サイバー・ツイン・ドラゴン》ならば墓地に1枚、《サイバー・エンド・ドラゴン》ならば2枚《サイバー・ドラゴン》として扱うカードがあれば良い。
 さらに、《オーバーロード・フュージョン》を採用しないデッキでも1ターンキル級の攻撃力を備えた《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合召喚できるようになる。
 融合召喚に使用するカード《パワー・ボンド》ならばその攻撃性はより高まる。
 また、《キメラテック・オーバー・ドラゴン》のみ、融合素材としての《サイバー・ドラゴン》融合素材代用モンスターが扱えるので、《沼地の魔神王》《融合》サーチすると、そのまま展開ができる。
 《超融合》の場合、手札コストとして墓地に送ったものを除外して融合素材とできるため、負担を若干軽減できる。
 《神の警告》などを防げるほか、バトルフェイズ融合召喚する事で、融合モンスターに対する《エフェクト・ヴェーラー》を封殺できる。

 【サイバー・ドラゴン】以外でも、機械族融合モンスターを使用するデッキならば積極的に活用してもいいだろう。
 特に融合素材も多い上に融合サポートに乏しい《極戦機王ヴァルバロイド》を使う場合には貴重なサポートカードとなる。

 ただし、ライフ半分のコストは大きい。
 特に《パワー・ボンド》を併用した場合はさらにそこからエンドフェイズに大ダメージが発生するため、そのターン相手ライフを削りきれなければ良くても瀕死寸前、悪ければそのまま敗北する危険も十分ある。
 そこまで行かずとも、ここまでライフが削られたら《魔法の筒》等を発動されたりすると敗北はまず免れないため、非常にリスクは高い。
 《奈落の落とし穴》《聖なるバリア −ミラーフォース−》などで除去されただけでも、最低2枚分の消費に加えて手札墓地リソースを消耗してしまい、後続の融合召喚《サイバー・ドラゴン》サポートカードに大きく影響をおよぼす。
 単体ではまったく機能せず、《サイバー・ドラゴン・コア》を経由しなければディスアドバンテージが重なる点も含めて、扱いには慎重さを要する。

  • アニメARC-Vではアニメ版のこのカードに類似した効果を持つ通常魔法《DDDフュージョン》を赤馬零児が使用している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動したターンに、《融合》等を発動した場合、発動時にこのカード効果適用するかどうか決めて宣言しますか?
A:いいえ、《融合》等の効果解決時にこのカード効果適用するかどうか宣言します。(14/01/11)

Q:《融合》チェーンして発動し、その《融合》による融合召喚の際にこのカード効果適用できますか?
A:はい、その場合、《融合》効果解決時にこのカード効果適用するかどうか決める事ができます。(14/01/11)

Q:自分手札フィールド上に機械族融合モンスター融合素材となるモンスターが存在せず、墓地にのみ融合素材となるモンスターが存在する状況で《融合》発動して、このカードチェーンして発動できますか?
A:いいえ、空撃ちになりますのでその状況で《融合》発動できません。(14/01/11)

Q:このカード発動したターンに、自分手札フィールド上に機械族融合モンスター融合素材となるモンスターが存在せず、墓地にのみ融合素材となるモンスターが存在する状況で《融合》発動できますか?
A:はい、その場合なら《融合》発動でき、効果解決時にこのカード効果適用する事になります。(14/01/11)

Q:《未来融合−フューチャー・フュージョン》《サイバーダーク・インパクト!》《簡易融合》効果融合召喚を行う際にこのカード効果適用できますか?
A:いいえ、できません。(14/01/11)


Tag: 《サイバネティック・フュージョン・サポート》 魔法 速攻魔法 サイバネティック フュージョン

広告