《サテライト・ウォリアー》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、
自分の墓地のSモンスターの数まで相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊し、このカードの攻撃力は破壊した数×1000アップする。
(2):S召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
自分の墓地からレベル8以下の「ウォリアー」、「シンクロン」、
「スターダスト」Sモンスターを3体まで選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場する闇属性戦士族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した場合に墓地シンクロモンスターの数までカード破壊自己強化する効果破壊された場合にウォリアーシンクロンスターダストシンクロモンスター蘇生する効果を持つ。

 (1)はシンクロ召喚に成功した場合の除去自己強化効果
 墓地シンクロモンスターが必要になるが、自身のシンクロ召喚に最低1体のシンクロモンスターが必要な為1体は破壊できる。
 (2)の効果を十分活用する為にも墓地を肥やす必要があるため、できれば3体程度は墓地シンクロモンスターが存在する状況でシンクロ召喚したい。
 自己強化の上昇値は破壊したカード1枚につき1000と高く、1枚でも破壊できれば3500、2枚以上破壊できれば4000を超える。

 (2)は破壊された場合、墓地からウォリアーシンクロンスターダストシンクロモンスター蘇生する効果
 「3体まで」なので、該当のモンスター1体だけでも蘇生できる。
 自分効果破壊された場合にも発動できるため、自分ターン発動するのもよい。
 表示形式も限定されていないので、バトルフェイズ中に発動できれば、追撃も可能。

 相手ターン蘇生した場合、蘇生したモンスターもそのまま倒されかねない。
 一応メインフェイズ破壊してくれれば、シンクロチューナーシンクロ召喚効果で大型モンスターに繋げられる。
 そもそも破壊を介さない除外バウンスには無力であるため、フリーチェーン自分から破壊できる効果があると心強い。

 蘇生するカードレベル8以下以外に制限はないため、それらを組み合わせることで、2枚目のこのカードを含む様々なシンクロモンスターにアクセスできる。
 シンクロチューナーを含むレベル合計12の組み合わせなら《シューティング・クェーサー・ドラゴン》などもシンクロ召喚できる。

 (1)(2)共に、性能を十分に発揮するためには墓地肥やしが必要になる。
 特に(2)の効果は複数のシンクロモンスター蘇生制限を満たして墓地へ送る必要がある為、使いこなせるデッキは限られる。

 【シンクロ召喚】なら、連続シンクロ召喚により出しやすく、(1)の効果で複数のカード破壊しやすい。
 シンクロンスターダストにも汎用性の高いシンクロモンスターも多く、(2)による蘇生も狙える。

 《ジャンク・スピーダー》レベル合計5になる様にシンクロンチューナーリクルートすれば、ウォリアースターダストシンクロモンスター経由でこのカードシンクロ召喚でき、2枚のシンクロモンスター墓地に置ける。
 また、《スチーム・シンクロン》リクルートする事で、相手ターンシンクロ召喚する事も狙える。

  • 「サテライト/satellite」については《サテライト・キャノン》を参照。
    イラストは背中に太陽光パネルが見られることなどから、人工衛星がモチーフと考えられる。
    また、アニメ5D'sの劇中で主人公の不動遊星などが住んでいた地区「サテライト」の意味も含んだダブルミーニングと思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サテライト・ウォリアー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 戦士族 攻2500 守2000 ウォリアー

広告