《サブテラーマリス・エルガウスト/Subterror Behemoth Speleogeist》

リバース・効果モンスター
星11/地属性/悪魔族/攻3000/守1400
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
(3):このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターが守備表示の場合、表側攻撃表示にする。
そのモンスターの攻撃力は0になる。

 EXTRA PACK 2017で登場した地属性悪魔族最上級モンスター
 サイクル・リバースモンスターの1体であり、サブテラーマリスの共通効果リバースした場合にモンスター1体を表側攻撃表示にして攻撃力を0にする誘発効果を持つ。

 (1)と(2)の効果については《サブテラーマリス・ジブラタール》を参照。

 固有の効果単体弱体化守備表示から攻撃表示への変更。
 このカードの高い攻撃力と噛み合っており、適用後に攻撃が通れば直接攻撃に等しい戦闘ダメージを与えられる。
 対象モンスター守備表示でも攻撃表示に変えられるため、を出して耐える戦法も通用しない。
 守備力下級アタッカーにも負ける数値だが、裏側守備表示攻撃されれば(3)の効果相手モンスター1体を無力化出来るので戦闘破壊されても足止めの役割はこなせる。

 ただし相手モンスター1体を除去・無力化するだけなら《サブテラーマリス・リグリアード》の方が戦闘を介する必要が無い分手っ取り早い。
 ダメージ効率ではこちらが上回っているので、状況に応じて使い分けていくと良い。

  • カード名の由来は地中海の海域の1つ「エーゲ海」とドイツ語で「幽霊」などを意味する「geist」だろうか。
  • 「エーゲ海」は、西と北をバルカン半島(ギリシャ共和国)、東をアナトリア半島(トルコ共和国)に囲まれた入り江状の海。
    ギリシア神話に登場する伝説的なアテナイ王「アイゲウス」が身を投げた海であるとされ、エーゲ海という名もそのアイゲウスに由来する。
    ちなみに、アイゲウスはミノタウロスを退治した英雄テセウスの父である。
  • 英語名は、英語で「洞窟の」を意味する接頭辞「speleo」と「geist」を組み合わせているのだろう。

関連カード

―《サブテラーマリス・エルガウスト》の姿が見られるカード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《サブテラーマリス・エルガウスト》 モンスター リバースモンスター 効果モンスター 星11 地属性 悪魔族 攻3000 守1400 サブテラー サブテラーマリス

広告