《サブテラーマリス・ジブラタール/Subterror Behemoth Stalagmo》

リバース・効果モンスター
星10/地属性/岩石族/攻2800/守2100
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスターが裏側表示になった時、
自分フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側守備表示にする(1ターンに1度のみ)。
(3):このカードがリバースした場合に発動できる。
手札から「サブテラー」モンスター1体を捨て、自分はデッキから2枚ドローする。

 EXTRA PACK 2017で登場した地属性岩石族最上級リバースモンスター
 サイクル・リバースモンスターの1体であり、リバースした場合にサブテラー捨ててドローする誘発効果自分モンスター裏側表示表示形式が変更された時に自身を特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)の特殊召喚効果、(2)のサイクル・リバースサブテラーマリス共通の効果
 ノーコストでの特殊召喚が可能だが、必然的に裏側守備表示になる効果を持つモンスターか、《皆既日蝕の書》との併用が前提となる。
 基本的には自身の効果フィールドを離れられる《サブテラーの戦士》効果で1体目のサブテラーマリス特殊召喚し、それを足掛かりに2体目、3体目と展開していく事になるだろう。

 リバースした場合の効果サブテラー手札コストとしたドロー
 1枚捨てて2枚ドローするためハンド・アドバンテージ+1となり、ドローエンジンとしては比較的効率が良い。
 手札で腐っているサブテラーマリスドローに変換するのは勿論の事、《サブテラーの戦士》を捨てればあちらの自己再生に繋げられる。

 難点は裏側守備表示でいる事が多いサイクル・リバースモンスターであるにもかかわらず、守備力が高くはないこと。
 2100という守備力は現環境では容易に突破されてしまう数値であり、効果を繰り返し使える事に意味のあるこのカードの特性とあまり噛み合っていない。
 1度のドローでも十分アドバンテージは得られるため、効果の使用後は敢えて攻撃表示のまま維持してアタッカーとするという選択肢もある。
 継続的にドローを狙う場合は、《ゴーストリック・ハウス》攻撃対象から外したり、《地中界シャンバラ》攻撃無効効果等で守りたい。

  • 岩石族という点を踏まえると、名前の由来は観光名所「ジブラルタルの岩」、あるいは大西洋と地中海を繋ぐ海峡である「ジブラルタル海峡」だろうか。
    またイラストモンスターには随所に黒い液体が滴っており、「タール」とも掛かっていると見られる。
    • 英語名の由来は「Stalagmite(石筍)」だろう。
      鍾乳石(鍾乳洞内で形成される石柱)の内、天井から滴り落ちる水滴によって洞床からタケノコ状に伸びた物を指す。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《サブテラーマリス・ジブラタール》 モンスター リバースモンスター 効果モンスター 星10 地属性 岩石族 攻2800 守2100 サブテラー サブテラーマリス

広告