《シュトロームベルクの(きん)(しろ)

フィールド魔法
このカードのコントローラーは自分スタンバイフェイズ毎に
デッキの上からカード10枚を裏側表示で除外する。
除外できない場合このカードを破壊する。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
「シュトロームベルクの金の城」のカード名が記されたモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できない。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に発動する。
その攻撃モンスターを破壊し、その攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

 COLLECTORS PACK 2018で登場したフィールド魔法
 維持コストを要求する効果外テキストデッキから特定のモンスターリクルートする効果攻撃宣言した相手モンスター破壊する効果を持つ。

 スタンバイフェイズに10枚のカードデッキの上から裏側表示で除外する維持コストが発生する。
 高速化した環境下でデッキ切れが迫るほど何度も維持コストを払う機会はそうそう無いだろうが、《一時休戦》《虚無空間》などで1〜2巡の遅滞戦術を仕掛けられる危険性には留意したい。
 (1)の効果や関連カードでのリクルート先を除外してしまう可能性がある点も、無視できない大きなデメリットとなる。
 維持コストが発生する前にフィールドから離してしまえばデメリットはなくなるので、バウンスなどを併用できるようにするのも手である。
 膨大な除外コストを逆に活用しようとすると、最初の維持コスト発生が次のターンスタンバイフェイズなのが難点。
 《カボチャの馬車》耐性を持たせられるとはいえあちらを先に除去されてしまう可能性も高いので、別の除外手段を取った方が良いだろう。

 (1)は、このカードコンボするモンスターリクルートする効果
 効果を使用したターン通常召喚を封じられるが、ほとんどがアドバンテージを稼ぎやすい効果を持っているので、大きな問題にはなり難い。
 この効果《ヘクサ・トルーデ》リクルートし、あちらの(2)の効果でこのカード破壊すれば、《ヘクサ・トルーデ》による2回攻撃を可能にしつつこのカード維持コストを回避する事も可能。
 《鉄のハンス》特殊召喚すれば《聖騎士の追想 イゾルデ》などに繋げられる。

 (2)は、相手攻撃モンスター破壊しつつバーンダメージを与える効果
 回数制限もないので、効果破壊耐性を持った一部のモンスターを除き、ほとんどの攻撃をシャットアウトできる。
 とはいえ、相手もこの効果を承知で攻撃してくる筈もないので、基本的に抑止力としての効果と言える。
 《メタバース》相手バトルフェイズスタートステップに不意打ち気味に発動すれば相手の計算を大きく狂わせられる。
 攻撃を強制するカードと併用するのも手だろう。

 (1)の効果チェーンして《サイクロン》《灰流うらら》などを使われると通常召喚できないデメリットだけが適用されてしまう。
 《灰流うらら》のように無効にされるだけなら(2)の効果相手攻撃を防ぐことはできるものの、現環境において除去手段は豊富なため結果としてリスクが高いのは変わらない。

  • 「シュトロームベルクの金の城」とは、グリム童話『大がらす』において大カラスに変わってしまった姫が幽閉された城である。
    ガラスの山の上に建っており、普通に登っても滑り落ちてしまうため、姫を助けに来た男は1年にも渡って姫の乗る馬車が毎日城の周りを回るのを眺める事しかできなかった。
    (1)の効果は毎日姫の乗った馬車が城の中から現れる場面、 (2)の効果はガラスの山を登ろうとして滑り落ちる場面を表しているのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナルKCグランプリ編におけるキーカード
    「海馬vsジーク・ロイド」戦で敗れた際にジークの手に握られているのが確認できるため、本来は彼のデッキに投入されていたものと思われる。
    その後レオンに後述の事実を隠した上で譲渡し、「闇遊戯vsレオン」戦でレオンが使用。
    自身の効果でレオンの戦線を強化し、(レオンは望まなかったが)バーン相手に押し付けた維持コストにより闇遊戯をライフポイントデッキの両面から追い詰めた。
    更に破壊耐性によりレオンの《サイクロン》、闇遊戯の《ロイヤル・ストレート・スラッシャー》の効果による除去にも耐え、フィールドを支配し続けた。
    最終的には闇遊戯がデッキ残り枚数を1枚とする事で「維持コストが払えなくなる」という状況を作り出された事で自壊した。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    ●スタンバイフェイズにデッキの半分のカードを墓地に送る。
    送らなかった場合にこのカードを破壊する。
    ●自分のメインフェイズ1にデッキよりランダムに
    LV4以下のモンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚する。
    ●このカードがある限り、モンスターの通常召喚は行えない。
    ●この効果によって特殊召喚されたモンスターと、
    相手フィールド上のモンスターはお互いのターンで戦闘を行わなければならない。
    ●攻撃してきた相手モンスターは、
    その攻撃力の半分のダメージを相手プレイヤーに与えて破壊される。
    ●このカードは魔法、罠、モンスターの効果によって破壊されない。
    ●このカードの維持コストは相手プレイヤーが払う。
    この内、破壊耐性維持コスト相手が支払う後半の2文はジークの不正アクセスで加えられた効果である事が作中で言及されている。
    なお、維持コスト相手に押し付ける行為は第10期現在の視点で見れば相手墓地肥やしを手助けする行為にもなりかねないが、放送当時の環境ではデッキ破壊メリットの方が遥かに大きい。
  • なお、テキスト上は上記の通り通常召喚を封じる効果があるが、作中では遊戯・レオン共にこのカードの発動後も通常召喚を行っている。
  • 上記の通り元々は汎用的な効果を持ったフィールド魔法であったが、OCG化にあたりレオンの使用カードと関連性を持たせた上で改竄前の方を再現することになった。
    だが、流石に第10期現在で大量に墓地肥やしを行えるのはまずいと判断されたためか、再利用が難しい裏側表示での除外に変更された。
    半分ではなく枚数指定になったのはアニメの様にデッキ枚数が奇数枚になった場合の処理の複雑さを懸念したからだろうか。
    また、リクルート先は関連カードに限定されたが、代わりに任意で選べる様になった事とレベル8の《ヘクサ・トルーデ》も呼び出せる様になったため一概に弱体化とは言えない。
  • 元々はペガサスがプロモカードとして制作した、公式大会で使用できない世界に一枚しかないカードだった。
    双六とアーサーはこのカードを知っていたらしく、「プロモカードである上にかなりの維持コストがあったはず」と訝しんでいたが、ジークが大会のサーバーに不正アクセスし、上記の通りテキストの一部改竄を行った上で使用可能にした経緯がある。
    更に、このカード発動されると海馬コーポレーションのコンピュータにウイルスが発生するようにも仕込まれており、それこそがジークの真の狙いであった。
    フィールドに存在し続ける事で海馬コーポレーションに致命的な損害を与える事を目論んだのだが、自壊した事によりその動きも停止し、計画は失敗に終わった。
  • 卑劣な手段を用いた事や弟のレオンを騙して片棒を担がせた事に対して闇遊戯やギャラリーはジークを強く批判している。
  • レオンは禁止カードであることが分かると自ら《サイクロン》破壊しようとしているが、改竄されたことは知らされておらず、無意味に終わっている。
  • レオンは兄のデータ改竄という卑劣な手に強いショックを受けている描写がある。
    戦意を喪失した事もあってかサレンダーを行う事も検討したが、その場合でもウイルスが止められない事と闇遊戯からの励ましもあって何とかデュエルを続行する事ができた。

関連カード

―《シュトロームベルクの金の城》のカード名が記されたモンスター

―《シュトロームベルクの金の城》に関する効果を持つカード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《シュトロームベルクの金の城》の(1)の効果《ヘクサ・トルーデ》特殊召喚し、あちらの(2)の効果を《シュトロームベルクの金の城》を対象発動しました。
  《シュトロームベルクの金の城》は破壊されましたが、その場合でも「この効果を発動するターン、自分は通常召喚できない。」は適用されますか?
A:(1)の効果発動した《シュトロームベルクの金の城》が、フィールドを離れている状況であっても、このターン自分通常召喚をする事ができません。(18/05/14)


Tag: 《シュトロームベルクの金の城》 魔法 フィールド魔法

広告