《ショット・ガン・シャッフル/Card Shuffle》

永続魔法
300ライフを払う。
自分、または相手のデッキをシャッフルする。
この効果は1ターンに1度しか使えない。

 新たなる支配者で登場した永続魔法
 1ターンに1度自分相手デッキシャッフルする効果を持つ。

 デッキシャッフルするという直接アドバンテージを得にくい効果を持つ。
 自分デッキシャッフルする場合、《風霊術−「雅」》等でカードデッキの底に沈んだ際に有効となる。
 また、《ゾンビキャリア》などでデッキトップが固定された場合の解除も行える。

 自分デッキシャッフルするだけならリクルーター等を使用した方が扱いやすく、同時にデッキ圧縮もできる。
 相手デッキシャッフルする場合は、相手《ダーク・ドリアード》などのデッキトップ操作を妨害する場合程度である。
 ゆえに専用デッキで採用されることになる。

 《天変地異》コンボカードとして使うこともできる。
 自分デッキに対して使用すれば、ある程度ドローするカードを操作できる。
 相手の次のカードが引かれては困るカードであれば、手札に加わることを妨害できる。
 また、自分メインフェイズならいつでも1つのチェーンブロックを作れるので、チェーンカードの数稼ぎとしても使用できる。
 永続魔法であるため、【天変地異コントロール】では《降雷皇ハモン》召喚コストにも使用できる。

  • 後述の原作漫画で披露され、このカードイラストに描かれているのは、一般的「リフルシャッフル」と呼ばれる方法である。
    カジノ等では「マシンガンシャッフル」と呼ばれる事も多いが、別のシャッフル方法をマシンガンシャッフルと呼ぶ事もあり、統一はされていない。
    「ダヴテイルシャッフル」「ウォーターフォールシャッフル」と言う呼び名もある。
    一方、「ショットガンシャッフル」と言う呼称は、基本的には「ディールシャッフル」(カードをいくつかの山を作るように分け、その後で山をランダムに重ねるシャッフル)の事を指し、リフルシャッフルをショットガンシャッフルと呼ぶのは遊戯王だけである。
    シャッフルの種類に関しては、「シャッフル」の項を参照
  • 原作で遊戯が指摘しているように、このシャッフルカードを傷める。
    自分のものならまだしも、相手カードを「リフルシャッフル」しない方がいい。
    • 基本的にはトランプ、それも替えが沢山用意されているカジノ等で行うシャッフル形式である。
  • 原作・アニメにおいて―
    カードとしては登場していないが、原作でパンドラがリフルシャッフルを披露している。
    この行為に対して遊戯は「ショットガンシャッフルはカードを傷めるぜ!」と指摘しており、ここからパンドラがイカサマを仕掛けてくることを読んでいた。
    だがパンドラは遊戯がイカサマを警戒してカットすることを逆に利用し、イカサマは成功したかに思われたが…。
  • このカードイラストシャッフルしている人物がパンドラに似ているのはこのためだろう。
    ちなみに原作ではパンドラは横向きでシャッフルしていたが、アニメでは縦向きで行っておりこのイラストの人物もアニメのパンドラ同様縦向きでやっているのでアニメの方を意識した物と思われる。
  • アニメARC-Vの「遊矢vs沢渡」(2戦目)で遊矢が使用した通常魔法《マジシャンズ・カード》に、イラストの人物が描かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果相手デッキシャッフルする場合、実際にデッキシャッフルする行為はどちらのプレイヤーが行いますか?
A:このカード発動した自分が行います。(11/03/11)

Q:どちらのプレイヤーデッキシャッフルするか決めるタイミングはいつになりますか?
A:発動時に決めます。(12/09/02)

Q:お互いプレイヤーデッキの枚数が1枚の時にこのカード効果の発動を行なう事ができますか?
A:いいえ、できません。(15/01/12)


Tag: 《ショット・ガン・シャッフル》 魔法 永続魔法

広告