《ジェネレーション・チェンジ/Generation Shift》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊する。
その後、デッキから破壊したカードと同名のカード1枚を手札に加える。

 SHADOW OF INFINITYで登場した通常罠
 自分モンスター1体を破壊して、破壊した同名カードデッキからサーチする。

 《ゴブリンゾンビ》《墓守の召喚師》に使う事で2枚分のデッキサーチが行える。
 しかし、《エネミーコントローラー》と比較した場合、相手フィールドには影響を及ぼさず、後者は《ワンダー・ワンド》でも能動的に墓地に送れる
 こちらを使う場合ボード・アドバンテージの損失も考慮しつつ、発動タイミングを見極める必要がある。
 また、サーチしたモンスターの扱いにも注意しなければならない。
 特に上級モンスターサーチした場合は事故も起こりやすくなってしまう。

 上記のカード以外では、使用済みの効果モンスターなどが狙い目となる。
 特に反転召喚したリバースモンスターは低攻撃力を晒す事も多いので、それを処理しつつ新たなカードサーチできる。
 また、手札に存在する事に意味があり、バウンスでの回収が不可能な《バトルフェーダー》とも相性がいい。
 《ワンチャン!?》と比較した場合、速効性で劣るが相手スタートステップ(攻撃宣言より前)に発動することで思惑を外す、という運用が可能。

  • カード名を直訳すると「世代交代」となる。

関連カード

収録パック等

FAQ

発動条件について

Q:自分デッキ同名カードが存在しない場合、そのモンスター破壊する事はできますか?
A:いいえ、その場合そのモンスターを選択してこのカードを発動する事自体できません。(08/08/28)

Q:融合モンスターシンクロモンスターを選択してこのカードを発動する事は可能ですか?
A:対象とするモンスター自分デッキ同名カードが存在するモンスターでなければならないため、基本的にはできません。
  ただし、ルール上「《N・アクア・ドルフィン》」として扱われる「《N・マリン・ドルフィン》」等の場合は、デッキ同名カードが存在する場合には対象にできます。
  また、何らかの効果融合モンスターシンクロモンスターカード名が変わり、その同名カードデッキに存在する場合も対象にできます。(16/05/01)

Q:モンスタートークンを選択してこのカードを発動する事は可能ですか?
A:はい、発動できます。(10/05/15)

効果について

Q:「自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を破壊する」というのはコストですか?効果ですか?
A:効果です。

Q:自分フィールド上に表側表示で存在する《プロト・サイバー・ドラゴン》1体を破壊しました。
  手札加えるのは《サイバー・ドラゴン》ですか?それとも、《プロト・サイバー・ドラゴン》ですか?
A:《サイバー・ドラゴン》です。(13/05/11)

Q:《死霊ゾーマ》破壊して自分デッキから《死霊ゾーマ》手札加える事はできますか?
A:はい、可能です。(06/06/14)

Q:破壊する処理と手札加える処理は同時に行われますか?
A:いいえ、同時ではありません。(09/06/12)

Q:効果解決時対象モンスター裏側表示になった場合、破壊する処理を行いますか?
A:いいえ、行いません。(15/08/20)

Q:炎王獣破壊して同名カードサーチした場合、そのモンスター特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(13/02/23)


Tag: 《ジェネレーション・チェンジ》 通常罠

広告