《ジゴバイト/Jigabyte》

効果モンスター
星4/水属性/爬虫類族/攻1500/守 200
(1):「ジゴバイト」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「ジゴバイト」以外の攻撃力1500/守備力200のモンスター1体を特殊召喚する。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した水属性爬虫類族下級モンスター
 同名カードは1体しか存在できないルール効果魔法使い族が存在する場合に自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果破壊された時にモンスターリクルートする誘発効果を持つ。

 魔法使い族が存在する場合に特殊召喚できる、《デーモン・イーター》《稲荷火》と同系統の効果を持つ。
 このカードの場合、種族サポートは共有しにくいが《サルベージ》に対応する利点がある。
 《水霊使いエリア》ともどもサルベージすれば即《憑依装着−エリア》に繋げられる。
 また、《バハムート・シャーク》にも繋げられ、霊使いを主軸としてデッキを組む場合はレベル3・4の混合となるため、ランク水属性エクシーズモンスターを無理なく採用できる。

 (3)の効果破壊された時に特定のステータスモンスターリクルートすることができる効果
 自身は特殊召喚できないため、必然的に他のモンスターを投入する必要がある。
 《デーモン・イーター》《稲荷火》は(2)の効果が共通しており併用しやすい。
 《デーモン・イーター》はこのカード破壊して効果発動させつつ蘇生でき、《稲荷火》発動条件が共通しており相性もよく、基本的にはこの2体を特殊召喚する事になる。
 霊使いと相性がいい《幻惑の巻物》を使い回せる《ヴァイロン・オーム》もこのカード効果に対応している。
 しかし、あちらの効果特殊召喚に対応していないため、《稲荷火》《デーモン・イーター》を採用しない場合での候補となるだろう。

  • 「ジゴ」とは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場した電力の単位「ジゴワット(jigowatt)」が元ネタと思われる。
    脚本家が「ギガワット(gigawatt)」と書くべき箇所をミスして書いてしまい、そのまま製作されてしまった。
    また、《ギゴバイト》が進化した「事後」の姿ともかけているのかも知れない。
  • カード名には《ガガギゴ》シリーズに見られるような、何らかのマイナス要素を含む単語がない。
    あちらのように邪悪な心に染まらなかった《ギゴバイト》であるとみる事もできるが、詳細は不明である。

関連カード

―《ジゴバイト》の姿が見られるカード

このカードの効果で特殊召喚可能な攻撃力1500・守備力200のモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果ダメージステップ破壊され墓地へ送られた時も(3)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/11/15)


Tag: 《ジゴバイト》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 爬虫類族 攻1500 守200

広告