《ジャイアントワーム/Aztekipede, the Worm Warrior》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1900/守 400
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地に存在する昆虫族モンスター1体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手のデッキの上からカードを1枚墓地へ送る。

 EXTRA PACKで登場した地属性昆虫族特殊召喚モンスター
 墓地昆虫族1体を除外し自身を特殊召喚する召喚条件相手デッキを削る誘発効果を持つ。

 1体の墓地除外で出せるモンスターの中では、《ギガンテス》と並んで攻撃力が高い。
 《デビルドーザー》フィニッシャーとするならば、こちらは小回りの利くサブアタッカーとしての運用となる。
 【昆虫族】は何かと召喚権を取り合うので、こうした特殊召喚モンスターは貴重である。

 アドバンス召喚《孵化》等のリリース要員にもなり、墓地に落ちても後続の同名カード《デビルドーザー》コストになる。
 召喚権を使わないので、シンクロ素材エクシーズ素材にするのも良い。
 レベル2の闇属性チューナー通常召喚すれば、1ターン《地底のアラクネー》シンクロ召喚できる。
 同種族《インフェルニティ・ビートル》との相性も良く、このカードと組み合わせてシンクロ召喚すれば《デビルドーザー》コストが用意できる。

 一方で、デッキ破壊効果《デビルドーザー》と同じくおまけ程度のものでしかなく、むしろ相手墓地を肥やすデメリットになることも多い。
 相手キーカード制限カード墓地へ送ることができればラッキーと考えよう。
 なお、コスト・素材要員として運用すればこのリスクは無視できる。

 《ゴキポール》とは相性が良く、あちらを墓地へ送ればこのカードサーチしつつ特殊召喚コストも用意できる。
 《ゴキポール》からモンスターを展開する場合、通常モンスターならばこのカードよりステータスの高いモンスター特殊召喚できる上に除去までできるが、こちらは素で手札に引いた場合も扱いやすい。
 また、サーチ後すぐにモンスター特殊召喚する必要がない場合や、除去を必要としない状況などなら、こちらならば手札に温存しておく事で後々の展開手段を確保できる事に繋がる。
 同じく《ゴキポール》と相性のよい《共振虫》を能動的に除外する手段にもなるため、単体で見た場合は小回りの利くこのカードの優位性は高い。
 勿論それら通常モンスターとこのカードを併用するのも有効で、デッキタイプや状況に応じて使い分けるとよいだろう。

  • 英語名の「Aztekipede」は「Aztec(アステカ)」と「Centipede(ムカデ)」を合成した造語だろう。
    非常に印象的な名前であったが、日本語名では完全に別物、しかもかなりシンプルな名前になってしまった。
    英語名にない固有名詞まで与えられた《炎妖蝶ウィルプス》とは対照的である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ジャイアントワーム》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星4 地属性 昆虫族 攻1900 守400 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告