《ジャンク・ガードナー/Junk Gardna》

シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻1400/守2600
「ジャンク・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択し、
表示形式を変更する事ができる。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた場合、
フィールド上に存在するモンスター1体を選択し、
表示形式を変更する事ができる。

 遊戯王〜超融合!時空を越えた絆〜 MOVIE PACKで登場した地属性戦士族シンクロモンスター
 モンスター表示形式を変更する誘発即時効果誘発効果を持つ。

 《ジャンク・シンクロン》を専用チューナーとしているが、《ジャンク・シンクロン》1枚で用意できるシンクロ素材レベル2が限度なのでシンクロ召喚はやや狙いにくい。
 トークン《ボルト・ヘッジホッグ》などをうまく利用してシンクロ召喚に繋げていこう。
 《クレーンクレーン》《ジャンク・シンクロン》蘇生させることで、1枚でシンクロ召喚を狙える。
 《クイック・シンクロン》レベルモンスターシンクロ召喚を狙えるが、同じレベルにはサルベージ効果を持つ《ドリル・ウォリアー》が存在する。
 一応、エクストラデッキに余裕があるならこのカードも採用するのも悪くない。

 一つ目の効果お互いターンに1度発動できる誘発即時効果で、コスト発動条件なども存在しないため、使い勝手が良い。
 相手攻撃宣言時に発動して相手攻撃を止めたり、相手モンスター攻撃表示にして殴る目的にも使える。
 このカード自体も高守備力なので、守備表示で置いておけば戦闘での突破に対して強くなる。
 ただし、このカード攻撃力では表示形式を変更してもモンスター戦闘破壊はしづらいので、《反転世界》《最強の盾》攻撃力を上げたり、他のモンスターに任せるなどしておきたい。
 また、こちらの効果相手モンスター限定となるため、自分モンスターに使うコンボが使えない。
 このカード自体が特に耐性を持たないため、《鳥銃士カステル》等にあっさり除去されて終わる可能性も常に覚悟しておかなければならない。

 もう一つの効果墓地へ送られた時限定だが、自分モンスターにも使用できる誘発効果を持つ。
 こちらならばダメージステップでも墓地に送られればよく、タイミングを逃すことがないため、発揮する機会は非常に多い。
 シンクロモンスターを失うのは大きなディスアドバンテージになるため、積極的に自分のモンスターに使ってのコンボが有効かは見極めどころ。
 ただ低い攻撃力のおかげで《奈落の落とし穴》に引っかからない点もあり、一度シンクロ召喚に成功すれば効果発動させる機会は比較的見つけやすいだろう。
 前半の効果と合わせれば時間稼ぎにはなり、除去効果を持つモンスター等の攻撃も止めることができる。

 またこれらの効果リバースした場合の効果無効にしないので、相手裏側表示モンスター攻撃表示にする場合、リスクが伴う。
 一方で、自分リバースした場合の効果を利用したコンボも組みやすい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類はなんですか?
A:お互いのターンに1度の表示形式変更は誘発即時効果墓地に送られた時の表示形式変更は誘発効果です。(11/03/05)

Q:このカード裏側表示のまま墓地へ送られた場合でも、表示形式を変更する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/02/26)

Q:チェーン2以降の効果処理でこのカードフィールド上から墓地へ送られたり、墓地へ送られた後に他の処理がある場合でも表示形式を変更する効果発動できますか?
A:はい、チェーン終了後に発動できます。(11/02/26)

Q:お互いのターンに1度の効果ダメージステップ発動する事ができますか?
A:いいえ、ダメージステップでは発動する事ができません。(11/03/05)


Tag: 《ジャンク・ガードナー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 地属性 戦士族 攻1400 守2600 ジャンク

広告