《ジュラシック・インパクト》

通常罠
(1):自分フィールドに恐竜族モンスターが2体以上存在し、
自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊し、
自分は破壊したモンスターの数×1000ダメージを受ける。
その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。
このカードの発動後、次のターンの終了時まで
お互いはモンスターを召喚・特殊召喚できない。

 COLLECTORS PACK 2017で登場する通常罠
 全体除去とその数に比例した自分へのバーンを行った後に同じ数値分のダメージ相手に与え、次のターンの終了時までモンスター召喚特殊召喚を封じる効果を持つ。

 自分フィールド恐竜族モンスターが2体以上という条件は【恐竜族】ならば容易に満たせ、《レスキューラビット》ならば1枚で達成できる。
 トークン2体を生み出す《ジュラック・スタウリコ》とも相性が良い。
 自分ライフポイント相手より少ないという状況もライフコストのあるカードを併用すれば調整は可能であり、単に劣勢になればデュエル中に自然と満たす場合も多い。

 効果モンスター全体除去であり、その後お互いダメージが発生する。
 《破壊輪》と同様に先に自分ダメージを受けるため、引き分けは発生しない。
 発動条件から2000以上のダメージを受ける可能性が高く、ライフが大きく減る可能性が高い。

 このカード発動後は、次のターンの終了時までお互いモンスター召喚特殊召喚できないため、相手の展開を遅らせることができる。
 罠カードではあるが、相手ターンに使用して自分ターンまで制限をかけるよりも、自分ターンに使用して次の相手ターンの展開を封じる方がメリットが大きい。
 全体除去された状況で相手モンスターを1回セットすることしかできなくなるため、次のターンで先に自由に召喚特殊召喚できる自分は一気に攻め込みやすくなるだろう。
 自分全体除去を受けているため展開はフィールドが空の状況からになるが、バーン効果によりお互いライフが減っているため少量の攻撃でも決着が付きやすい。

 上記の通り、相手ターン発動すると自分の首を絞めてしまう可能性が高い。
 フリーチェーン除去カードでありながら相手の展開を止めるために使いづらく、通常罠ゆえ発動に1ターンかかる遅効性も気にかかる。
 破壊耐性を持つモンスターには対処できないためエクシーズモンスターリンクモンスター等は素材が揃ったタイミングで破壊してしまいたいが、上記の点からそのことも難しくしている。
 また、恐竜族は展開力がさほどなく破壊されても損のないモンスターを用意するのに長けた種族ではないため、発動に際して自分相手と同等以上の被害を受けるケースも多くなる。
 次のターンで攻め切って勝ててしまえば問題ないが、そうでない場合逆風となることも覚悟しなければならないだろう。

 自分フィールド恐竜族通常モンスターならば、《ロストワールド》破壊を防ぎ、相手モンスターだけを除去することができる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ジュラシック・インパクト》 通常罠

広告