《ジュラシックワールド/Jurassic World》

フィールド魔法
フィールド上に表側表示で存在する恐竜族モンスターは
攻撃力と守備力が300ポイントアップする。

 ストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−で登場したフィールド魔法
 恐竜族全体強化する効果を持ち、《大噴火》発動キーとなるカードである。

 《キラーザウルス》サーチでき、その《キラーザウルス》《魂喰いオヴィラプター》《化石調査》サーチできるので、手札加えるのは容易。
 しかし肝心の効果は攻守300アップのみ。
 現在の【恐竜族】には同じフィールド魔法でこちらよりも攻撃力の開きが大きくなり、他にも多彩な効果を持つ《ロストワールド》も存在するのでこちらを優先する理由は乏しい。
 【恐竜族】における重要な戦力であるエヴォルカイザードラゴン族のため強化できないのもマイナスである。
 《大噴火》発動条件でもあるものの、《大噴火》もまた使いやすいとは言いがたいカードである。
 能動的に《キラーザウルス》墓地へ送り《一族の結束》等を適用させるなどの使い道もある。
 また、恐竜族強化し、《ジュラック・インパクト》発動条件を満たすこともできる。

  • 「ジュラシック」については《奇跡のジュラシック・エッグ》を参照。
    日本国内でも、スティーヴン・スピルバーグ監督の恐竜映画「ジュラシック・パーク」などでおなじみの単語である。
    ちなみに、「ジュラシック・パーク」の続編映画として1997年には「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」が、2015年にはずばり「ジュラシック・ワールド」が公開されている。
  • 初登場時は多彩な効果を持つ、当時としては非常に強力なフィールド魔法であった。
    恐竜族・鳥獣族モンスターの攻撃力・守備力を300ポイントアップする。
    恐竜族・鳥獣族は相手の罠の対象とならず、効果も受けない。
    自分のコントロールする攻撃表示の恐竜族・鳥獣族モンスターが
    相手モンスターの攻撃対象になった時、そのモンスターを守備表示にする事ができる。
    「恐竜が鳥に進化した」という学説に基づいてか鳥獣族も対象になっており、実際に剣山は鳥獣族の《始祖鳥アーキオーニス》を強化している。
    当時としてはオーバースペックなカードだったとはいえ、OCG化の際には後半2つの効果が削られ、大きく弱体化している。
    またイラストOCGとは大幅に異なる。
  • アニメARC-V第3話においてアクションフィールドの選択画面にあった1枚。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック


Tag: 《ジュラシックワールド》 魔法 フィールド魔法

広告