《ジュラック・スピノス/Jurrac Spinos》

効果モンスター
星7/炎属性/恐竜族/攻2600/守1700
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
相手フィールド上に「スピノストークン」
(恐竜族・炎・星1・攻300/守0)1体を攻撃表示で特殊召喚する。

 DUEL TERMINAL −混沌の覇者!!−で登場した炎属性恐竜族最上級モンスター
 相手モンスター戦闘破壊墓地へ送る度に、相手フィールド上にスピノストークンを生成する誘発効果を持つ。

 相手モンスター戦闘破壊するたびに、相手スピノストークンを献上してしまう。
 低ステータストークン攻撃表示で出すので、攻撃して戦闘ダメージを与えたり、《ジュラック・グアイバ》の的にするというデザインなのだろう。
 だが、自己特殊召喚能力を持たない最上級モンスターであるこのカードと他のジュラックを並べるのは容易ではない。
 トークン攻撃してダメージを与えるなら《生存競争》を使い連続攻撃能力を付与するのも手で、スピノストークン攻撃して3300のダメージを与えられる。

 トークン相手に渡したいだけなら、攻撃表示で出せないことには目をつぶって《ロストワールド》を使った方が圧倒的に楽である。
 このカードを使う場合、逆に《ロストワールド》と併用してコンボを積極的に狙えるようにしたい。
 《ロストワールド》《プチラノドン》コンボでこのカードリクルートでき、スピノストークン戦闘破壊を一度防いで連続で攻撃を加えれば大きな戦闘ダメージを与えられる。
 ただし、《ロストワールド》効果の回数制限から上記の流れを1ターン内ではできない点や、ジュラエッグトークンとの戦闘ではこのカードの効果発動できない点など、噛み合わせが悪い部分もあるのでフォローが必要となる。

 その他の使い途を強いて探すと、送りつけリクルーター自爆特攻すれば大量にトークンを得られる。
 《レインボー・ライフ》適用下ならスピノストークンにも自爆特攻させることで大幅なライフ回復が見込める他、《バックファイア》コンボになる。
 また、特殊召喚できるジュラックの中では最大の攻撃力を持つため、《化石発掘》等も採用する場合なら優先しての採用が見込める。

  • モデルは、白亜紀に生息していた恐竜「スピノサウルス」だろう。
    名前は「棘トカゲ」という意味を持ち、全長約15m以上とティラノサウルスすら凌ぐ巨体を持つ肉食恐竜である。
    が、実は比較的華奢、なおかつ胴長短足な陸上での狩りに不向きな体格をしており、本来の生態は主に水辺・水中で魚を食べて生きていたとされ、あまり好戦的な性質ではなかったとされる。
    発見当初の化石標本が第二次世界大戦の空爆で失われたせいで研究が難航し、復元図が二転三転しており、近年では四足歩行をしていた、という説も上がっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ジュラック・スピノス》 効果モンスター モンスター 星7 炎属性 恐竜族 攻2600 守1700 ジュラック

広告