《スーパーチャージ/Supercharge》

通常罠
(1):自分フィールドのモンスターが機械族の「ロイド」モンスターのみの場合、
相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 POWER OF THE DUELISTで登場した通常罠
 機械族ロイドしかいない状態で攻撃宣言された場合に発動でき、2枚ドローする。

 1:2交換になるが、自分ロイドが狙われる時とは大抵は相手モンスターがそのロイドを倒せる時である。
 そのため、こちらがこのカードロイドの2枚を失って2枚ドローする場合、2:2交換となる。
 《強制脱出装置》コンバットトリック系の魔法・罠カードで迎撃してようやく自分は差し引きゼロ、相手モンスター1体の損失のカード・アドバンテージを得る事ができる。
 よって、手軽に使えるカードとは言えず速効性にも欠けるため、言うまでもなく《強欲な壺》のような感覚で使うことはできない。

 このカード【ビークロイド】で使う場合、《ジャイロイド》と組み合わせれば1:2交換ができる。
 上記のカードの他、《くず鉄のかかし》ならば手札の補強とボード・アドバンテージの維持にも繋がる。
 《ジェット・ロイド》によって手札からの発動を狙うのも悪くなく、効果によって2枚目のこのカードや迎撃用のカードドローできる場合もある。
 【スピードロイド】では《SR三つ目のダイス》攻撃を防げば純粋にアドバンテージを稼ぐことができる。

  • イラストに描かれている車はデフォルメされた容姿から「ロイドモンスターなのだと思われるが、特にアニメ・漫画やOCGには登場していない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に「ロイド」と名のついた機械族モンスター裏側守備表示モンスターが存在する場合、このカード発動できますか?
A:いいえ、不可能です。たとえ、裏側守備表示モンスターが「ロイド」と名のついた機械族モンスターの場合でも発動できません。


Tag: 《スーパーチャージ》 通常罠

広告