《スターダストン/Starduston》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻   ?/守   ?
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に表側表示で存在する「ダストン」と名のついたモンスターを
任意の数だけ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
このカードの攻撃力・守備力は、墓地へ送ったそのモンスターの数×1000ポイントになる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手はフィールド上にセットされた魔法・罠カードを発動できず、
相手はモンスターを反転召喚・特殊召喚できない。
相手フィールド上のモンスターの数より、
自分フィールド上のモンスターの数が多い場合、このカードを破壊する。

 PRIMAL ORIGINで登場した闇属性悪魔族特殊召喚モンスター
 ダストン墓地へ送り特殊召喚する召喚条件ステータスを上げる永続効果相手セットされた魔法・罠カード発動モンスター反転召喚特殊召喚を制限する永続効果、特定条件下で自壊する永続効果を持つ。

 特殊召喚に成功した時点で永続効果適用され、相手セットカード発動特殊召喚の双方を封じられるため、制圧力はかなりのものになる。
 自分コントロールするモンスター数が相手の総数を上回ると自壊してしまうが、大抵の場合は《ハウスダストン》からの展開が基本になるためそれほど問題にはならない。

 常に相手フィールド上にモンスターの存在を要求するため、基本的にこのカード直接攻撃はできず、攻撃表示モンスターを狙っての超過ダメージが主体となる。
 レベル1のため、確実にダメージを与えたければ《光学迷彩アーマー》を使うと良い。
 出した直後はほぼ相手フィールドダストンが埋まっているのを活かし、《バトルマニア》戦闘を強制させるのも手である。

 ただし、「通常召喚」「手札からの魔法カード発動」「モンスター効果の発動」は防げない為、この穴からロックを突破されることも留意したい。
 《エフェクト・ヴェーラー》などで攻撃力を0にされてしまえばいい的にしかならず、《強制転移》などで永続的にコントロールを奪われれば、逆にこちらがロックされる派目になる。
 よって、このカードで対処できない部分を他のカードでフォローする事も重要となってくる。
 魔法カードに関しては《魔封じの芳香》を使えばほぼ完全に防ぐことが可能であり、モンスター効果《スキル・プリズナー》《天罰》《メンタルドレイン》等を使えば概ね対処できる。
 通常召喚されたモンスター効果さえ止めればほとんど問題ないので、上手く組み合わせれば完全に近いロックを形成できる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:自身を特殊召喚する効果召喚ルール効果であり、カードの効果として扱いません。
  それ以外の効果は全て永続効果となります。(14/02/15)


Tag: 《スターダストン》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻? 守? スターダスト ダストン 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告