《スプール・コード》

速攻魔法
(1):自分の墓地のサイバース族モンスターが3体以上の場合、
相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、自分フィールドに「スプールトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を3体まで守備表示で特殊召喚できる。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

 ストラクチャーデッキ−マスター・リンク−で登場する速攻魔法
 直接攻撃無効にし、スプールトークンを3体まで特殊召喚できる効果を持つ。

 発動条件から主に【サイバース族】で使うことになる。
 【サイバース族】なら連続でリンク召喚するだけで発動条件を満たせる。
 出したトークンや返しのターンリンク素材にできるので無駄になりにくい。

 問題はトークン相手ターンに出すだけならフリーチェーン《スケープ・ゴート》の方が使いやすい点である。
 あちらを直接攻撃宣言時に発動しても、相手攻撃トークン1体で防いで同数のトークンを残すことができる。
 こちらの優位点はトークンサイバース族であることと、トークン特殊召喚したターンであっても特殊召喚を行えること。
 蘇生カード等、相手ターンに展開する手段を多く採用した【サイバース族】ではこのメリットが活きる事もある。
 あるいは単純に3枚目以降の《スケープ・ゴート》として採用するのも手か。

  • 「スプール(spool)」とは、織物の際に糸等を巻き付けておく物の事である。
    そこから転じて、データのやり取りを行う際に、データの処理速度を調整するために一時的にデータを貯蔵しておく場所も意味するようになった。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vsリボルバー」(3戦目)でPlaymakerが使用。
    《ガンパウダー・ドラゴン》の直接攻撃を無効にし、スプールトークン3体を特殊召喚した。

関連カード

収録パック等


Tag: 《スプール・コード》 魔法 速攻魔法

広告