《スマイル・ユニバース/Smile Universe》

速攻魔法
このカードを発動するターン、
自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できず、
自分のモンスターは攻撃できない。
(1):自分のEXデッキから表側表示のPモンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力の合計分だけ相手のLPを回復する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した速攻魔法
 エクストラデッキからペンデュラムモンスターを可能な限り特殊召喚し、それらのモンスター元々の攻撃力分だけ相手ライフ回復させる効果を持つ。

 エクストラデッキからの特殊召喚であるため、エクストラモンスターゾーンが空いているか、リンク先を用意しなければ展開ができない。
 また展開しても攻撃できず、効果無効になり、その後の展開もできない。
 基本的には自分ターンリンクモンスターを出して特殊召喚先を確保し、相手ターンで使用して展開する。
 そして自分ターンに展開したモンスターを素材にリンク先を増やすなどして、ペンデュラム召喚で再利用しつつ展開を行うといった形になる。

 相手へのライフゲインもあることを考えると、攻撃力の高いモンスターではなく、攻撃力の低いモンスターを出して素材にする運用としたい。
 相手ターンでも擬似的な展開ができるため、ペンデュラム召喚自体の展開力を補える。
 1体だけ出すならばサーチでき、効果無効などのデメリットがない《ペンデュラム・リボーン》の方が使いやすいだろう。

 攻撃力0のペンデュラムモンスター特殊召喚し、相手への回復が発生しない様に展開することも狙える。
 《秘竜星−セフィラシウゴ》《レアメタルフォーゼ・ビスマギア》攻撃力0なので複数体出しても相手メリットを与えず、破壊された場合の効果サーチが可能。
 覇王門攻撃力0であり、破壊された場合はペンデュラムゾーンに行きペンデュラム効果ペンデュラム召喚に利用できる。
 攻撃力0のアモルファージを展開することで、ペンデュラムゾーンアモルファージ効果適用させたり、維持コストの補充も可能である。
 攻撃力が低めで破壊された場合の除去効果を持つ《EMビッグバイトタートル》や、リクルート効果を持つ《EMインコーラス》も狙いとなる。

 展開に利用するだけでなく、回復を逆手に取るコンボも考えられる。
 高速でエクストラデッキを肥やす【イグナイト】辺りへ《シモッチによる副作用》と一緒に採用すれば大ダメージが狙える。
 もっとも【シモッチバーン】のようにリンクモンスターペンデュラムモンスターを展開する手段が乏しいデッキでは、事故要因にしかならないため、1ターンキルできるような専用構築でもない限り採用は難しい。
 その他、《活路への希望》で大量ドローを狙ったり、《自爆スイッチ》引き分けに持ち込む場合には使える。
 また、大量回復させたとしても、《No.35 ラベノス・タランチュラ》《九十九スラッシュ》といったライフポイントの差を攻撃力にできるカードを使い、攻撃を通せば帳消しにはできる。

  • アニメでのテキストは以下の通り。
    速攻魔法 
    このカードを発動するターン、お互いのプレイヤーは、 
    このカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できず、攻撃もできない。
    (1):Pモンスターを自分のエクストラデッキから可能な限り特殊召喚する。 
    この効果で特殊召喚したモンスターは通常モンスターとして扱い、その効果は無効化される。 
    その後、この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力の合計分だけ相手のLPを回復する。
    誓約が発動ターンお互いプレイヤーにかかっており、この効果だと相手ターン発動すれば、ロック相手にのみかけられるパワーカードになってしまうため、OCGでは変更されている。
    なお、劇中では遊矢が敗北するつもりだったためか、自分ターン発動している。
    OCG化においては新マスタールールによって、複数体のペンデュラムモンスターを出すことが難しくなり、使い勝手が悪化してしまった。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《スマイル・ユニバース》 魔法 速攻魔法

広告