《スレイブパンサー》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣族/攻 800
【リンクマーカー:左下/下】
「剣闘獣」モンスターを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「剣闘獣」カード1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「剣闘獣」モンスター1体を対象として発動できる。
その「剣闘獣」モンスターを持ち主のデッキに戻し、
そのモンスターとは元々のカード名が異なる「剣闘獣」モンスター1体を、
「剣闘獣」モンスターの効果による特殊召喚扱いとしてデッキから特殊召喚する。

 CHAOS IMPACTで登場した地属性獣族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に剣闘獣カードサーチする誘発効果自分フィールド剣闘獣モンスター1体をデッキに戻し、カード名が異なる剣闘獣剣闘獣効果扱いでリクルートする起動効果を持つ。

 リンク素材剣闘獣を含むモンスター2体。
 《スレイブタイガー》リンク素材として利用できる点で《剣闘獣ドラガシス》よりも出しやすい。

 (1)は、リンク召喚に成功した場合に剣闘獣カードサーチできる効果
 カードの種類を問わないので、【剣闘獣】における汎用性は高い。
 狙い目となるのは、(2)の効果の下準備のための《再起する剣闘獣》となる。
 次点はモンスター効果メタ《剣闘獣の戦車》手札から自身を特殊召喚できる《剣闘獣ウェスパシアス》あたり。
 墓地手札融合素材が揃っている場合は、《団結する剣闘獣》サーチして《剣闘獣総監エーディトル》エクストラデッキから特殊召喚する事で、あちらの効果剣闘獣融合モンスターメインフェイズ2に特殊召喚できる。

 (2)は《スレイブタイガー》と似たリクルート効果
 リクルートするモンスターカード名が異なる必要があるが、自身をリリースする必要がないのでアドバンテージを失わない。
 (1)で剣闘獣サーチして《剣闘獣アウグストル》リクルートすれば疑似的なリクルートとなる。
 《剣闘獣ダリウス》サーチすればこのカードリンク素材にしたモンスター蘇生させて3体のモンスターが並べられる。

 ただし、この効果発動するにはリンク素材を含め3体のモンスターが必要となる。
 無理のない発動を狙うならば(1)で《再起する剣闘獣》サーチしてリンク素材にした獣族以外の剣闘獣蘇生させるのが一番だろう。
 《レスキューラビット》ならば《剣闘獣アンダル》リクルートすることで上記の展開を手札1枚から行える。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《スレイブパンサー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 地属性 獣族 攻800

広告