《セイバー・リフレクト/Saber Reflection》

速攻魔法
「セイバー・リフレクト」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「X−セイバー」モンスターが存在し、
自分が戦闘・効果でダメージを受けた時に発動できる。
受けたダメージの数値分だけ自分のLPを回復し、その数値分だけ相手にダメージを与える。
その後、デッキから「セイバー」魔法・罠カード1枚
または「ガトムズ」カード1枚を手札に加える事ができる。

 ブースターSP−レイジング・マスターズ−で登場した速攻魔法
 自分フィールドX−セイバー発動条件として、受けたダメージ回復し、セイバー魔法・罠カードまたはガトムズカードサーチする効果を持つ。

 セイバーだけでなくガトムズサーチできるため、2体の蘇生が可能な《ガトムズの緊急指令》サーチできる。
 他にも《セイバー・スラッシュ》《セイバー・ホール》に利用できるため、【X−セイバー】のサポートも幅広く入れられる。
 ただし相手ターンでのサーチはタイムラグが大きいため、自爆特攻ダメージを受けるカードを使い、能動的に使用する方がいい。

 攻撃力が低い《XX−セイバー レイジグラ》《XX−セイバー ダークソウル》などを自爆特攻させれば大きなダメージを押し付けることができる。
 同名カードサーチできるため、自分ダメージを与えるデメリットを持つ《X−セイバー パシウル》を複数ターンに渡ってノーコストで維持することもできる。
 他には《XX−セイバー エマーズブレイド》なら自爆特攻でこのカード発動条件を満たしつつ、《ガトムズの緊急指令》発動条件も満たせる。

 《地獄の扉越し銃》等と違い、一度ダメージを受けてからそれを相手に押し付ける形となるため、1ターンキルに匹敵するダメージには使えない。
 こちらの利点としては、ダメージ元のカードに直接チェーンする必要がないため、《ビッグバンガール》等のチェーンブロックを創らないバーン《炎帝テスタロス》等の不確定なバーンにも有効となる。
 ただし「時の任意効果」である関係で、チェーン2以上で受けたダメージトリガーにできない。

 エクストラデッキX−セイバー発動条件を満たせば、【X−セイバー】以外でも利用することは可能。
 シンクロ召喚を多用しライフロスカードの多い【サイキック族】で利用し、《脳開発研究所》等の大きなダメージ相手に押し付けることも不可能ではない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ効果ダメージを受けた時に発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/08/09)

Q:自分フィールドの「X−セイバーモンスターが1体のみの場合に、その「X−セイバーモンスター戦闘を行い戦闘ダメージを受けた際に、その「X−セイバーモンスター戦闘破壊されている状況でもこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/08/14)

Q:《デス・ウォンバット》《マテリアルドラゴン》効果相手ダメージを受けなかった場合、カードサーチできますか?
A:いいえ、できません。(14/08/10)


Tag: 《セイバー・リフレクト》 魔法 速攻魔法 セイバー

広告