《セキュア・ガードナー》

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/サイバース族/攻1000
【リンクマーカー:右】
サイバース族リンクモンスター1体
このカードはリンク素材にできない。
(1):「セキュア・ガードナー」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが特殊召喚に成功したターン、自分が受ける効果ダメージは0になる。
(3):自分が戦闘・効果でダメージを受ける場合、1ターンに1度だけそのダメージは0になる。

 EXTREME FORCEで登場した光属性サイバース族リンクモンスター
 リンク素材にできない効果外テキスト、1体しか表側表示で存在できないルール効果特殊召喚に成功したターン自分が受ける効果ダメージを0にするルール効果自分が受けるダメージを1度だけ0にする永続効果を持つ。

 リンク素材にはサイバース族リンクモンスターが指定されている。
 リンク2以上を素材にするとディスアドバンテージになりやすく、基本的にリンク1である《リンク・ディサイプル》《リンク・スパイダー》等をリンク素材にすることになる。
 メインモンスターゾーン自己再生させた《リンクリボー》リンク素材にしてもいい。

 他のリンク1のモンスターと比べ、リンクマーカーが右を向いている特徴がある。
 左右にリンクマーカーを持つモンスター相互リンクが行いやすいため、相互リンクの数が効果処理に関わるリンクモンスターとは相性がよい。
 例えば、《リンク・スパイダー》の下に《ファイアウォール・ドラゴン》が存在している場合、《リンク・スパイダー》を素材にこのモンスターを出せば相互リンクの数を維持したままエクストラモンスターゾーンを空けることができ、そこに2体目の《リンク・スパイダー》を出せれば少ない消費で相互リンクの数が増やせる。

 また、左のエクストラモンスターゾーン《リンク・スパイダー》が、その下に《プロキシー・ドラゴン》が存在している場合を考える。
 この状態では《プロキシー・ドラゴン》の左右にしかエクストラデッキモンスターを出すことはできない。
 ここで、《リンク・スパイダー》を素材にして《プロキシー・ドラゴン》の右側にこのモンスターリンク召喚すれば、エクストラモンスターゾーンが空くので合計3体のモンスターエクストラデッキから特殊召喚できるようになる。

 (2)はこのカード特殊召喚に成功したターン効果ダメージを0にする効果
 複数回のバーン中心のデッキを相手にする場合、相手ターンにこのカード蘇生させる事でダメージを防ぐことが可能。
 自分ターンに使うなら、効果ダメージを受けるデメリットを防ぐのが狙いとなる。
 《ワンチャン!?》であれば、発動条件を満たしたフィールドレベル1から《リンクリボー》経由でこのカードリンク召喚を狙え、そのままデメリットダメージを打ち消せるので相性は良い。

 (3)は、戦闘ダメージ効果ダメージを1度だけ0にする効果
 そもそもこの攻撃力ではこのカード自身が狙われる可能性が高い。
 この効果により戦闘ダメージこそ受けないが、このカード戦闘破壊されてしまう。
 相手攻撃モンスター1体の戦闘ダメージを防ぐので、同じリンクモンスターの中では《リンクリボー》と似た運用となる。
 この2枚は相性も良いので、レベル1を主体とするデッキでは併用したいところ。

 ただし、リンク素材にできないという制約が扱う上で問題となる。
 連続したリンク召喚を狙いたいデッキでは動きを止めてしまい、フィールドを1つ圧迫することになる。
 攻撃表示で棒立ちする弱点は(3)の効果である程度補えるものの、戦闘破壊トリガーにする効果には格好の的になってしまい、効果無効にされると大ダメージを受ける危険性もある。
 レベルを持たないリンクモンスターの関係上、シンクロ素材エクシーズ素材にもできず、能動的にフィールドから離すにはリリース融合素材にするなどの工夫が必要となる。
 とはいえ、連続してリンク召喚を狙うデッキの場合はこのカードを出さなければいいので、プレイングで対応可能なため、運用上このデメリットが問題になる機会はさほど多くないだろう。

収録パック等


Tag: 《セキュア・ガードナー》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク1 光属性 サイバース族 攻1000 リンク素材にできない

広告