《セットアッパー》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つモンスター1体を
手札・デッキから裏側守備表示で特殊召喚する。

 RISING RAMPAGEで登場した通常罠
 戦闘破壊された自分モンスター攻撃力以下の攻撃力モンスターデッキ手札から裏側守備表示特殊召喚する効果を持つ。

 リクルートできるのは「攻撃力以下の攻撃力」であるため、同じ攻撃力モンスター同名カードリクルートが可能。
 また破壊された後で発動する(フィールドを離れた後の攻撃力を参照する)ため、《神獣王バルバロス》《可変機獣 ガンナードラゴン》のような妥協召喚を持つカードとの相性がいい。

 【おジャマ】【ギミック・パペット】等の核となるモンスターが低攻撃力デッキでは多くのモンスタートリガーにできる。
 とはいえ裏側守備表示での特殊召喚であるため、それを最大に活かせるリバースモンスターとなる守備力が高いモンスターが多いデッキが採用候補となるか。
 《ワーム・ヴィクトリー》なら攻撃力0なのでリクルートしやすく、リバースした場合の効果全体除去でき、自己強化攻撃力も補える。
 リクルーター自爆特攻して《カラクリ参謀 弐四八》特殊召喚すれば、表示形式を変更することでこの効果特殊召喚したモンスター攻撃可能になる。

 類似カードである《ヒーロー・シグナル》等と同じように発動前に除去を受けやすいことや、《聖なるバリア −ミラーフォース−》等のボード・アドバンテージを取りやすいカードがあることも含め、しっかり役割を考えて採用しておきたい。

  • なお、このカードが公式Twitterで情報公開された日(2019/3/29)は2019年の日本プロ野球の開幕日である。
  • イラストには野球要素がなく、むしろ「アッパー」をボクシングにおけるパンチの「アッパー」に掛けたものとなっている。
    「絶対的に強いとみられていた方が負けること、番狂わせ」を「アップセット」というので、これも意識しているのかもしれない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《セットアッパー》 通常罠

広告