《セレンの呪眼(じゅがん)/Evil Eye of Selene》

装備魔法
「呪眼」モンスターにのみ装備可能。
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターは戦闘及び相手の効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(2):自分が装備モンスターの効果またはこのカード以外の「呪眼」魔法・罠カードを発動する度に発動する。
装備モンスターの攻撃力は500アップし、自分は500LPを失う。
(3):このカードが墓地に存在する場合、1000LPを払い、
自分の墓地から「セレンの呪眼」以外の「呪眼」魔法・罠カード1枚を除外して発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

 デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズで登場した装備魔法
 装備モンスター耐性を与える効果装備モンスター強化し、ライフロスする効果ライフコスト墓地コストで自身を墓地からセットする効果を持つ。

 【呪眼】キーカードであり、このカード装備、もしくはフィールドに存在させることで関連カードに追加効果をもたらす。
 《呪眼の死徒 サリエル》からのサーチのほか、(3)の効果フィールドセットできるため、積極的に発動できるようにしたい。
 ただし、下記にあるように代償として大幅なライフコストを強いられる。
 (3)の効果を使わずに《アームズ・ホール》サルベージすることも考えたい。

 (1)の効果戦闘破壊効果破壊及び相手対象をとる効果への耐性付与。
 装備するだけで非常に場持ちが良くなり、装備魔法の弱点である「装備モンスター除去によるディスアドバンテージ」を補うことができる。
 加えて一部の呪眼モンスターの持つフリーチェーン効果と合わせて相手に大きなプレッシャーをかけられる。

 (2)の効果装備モンスター効果の発動または呪眼魔法・罠カード発動トリガーとした強化ライフロス
 (1)の効果サンドバッグにされるのを防ぐことができ、攻撃力を参照する《呪眼の王 ザラキエル》のサポートにもなる。
 ただし、ライフロスがかかるようになるため終盤になると気軽に他のカード発動できなくなる。
 フリーチェーン効果お互いターンで使うと無視できない数値になり、(3)の効果ライフコストも必要になるためライフポイントの管理には気をつけたい。

 (3)の効果ライフコスト墓地コスト墓地の自身をセット
 《おろかな副葬》《呪眼の眷属 バジリウス》などで墓地へ送ることができるのでサーチ手段が足りないときの補助となる。
 呪眼魔法・罠カードは再利用手段が少なく、使い捨て感覚でコストにできる。
 とはいえ、1000のライフコストは軽視できず、墓地メタカードにも弱いのでこの効果をあてにしすぎないようにしたい。

 相手への制圧に大きく貢献するカードだが、このカード自体は何の耐性を持たない。
 特に《コズミック・サイクロン》は(3)の効果も封じられるため天敵となる。
 また、カードの発動の段階では耐性適用されないためそこを狙われる危険性もある。
 《封魔の呪印》を受けた場合にはデッキコンセプト自体が壊滅してしまう。
 (2)(3)の効果ですぐに自分ライフが尽きる可能性もあるので発動後は早期決着を望めるようにしたい。

  • 「セレン」は、原子番号34番の元素。
    その名はギリシャ神話の月の女神「セレネ(Selene)」に由来する。
    • ちなみに、月は大天使サリエルの統治下にあるという説もある。
  • Vジャンプ(2019年3月号)によると、所持者に絶大な力を授けるためこれを巡ってサリエルメドゥサが争っているとのこと。
    その争いの最中でサリエルザラキエルへと変貌したらしい。
    「自らを蝕む」との表記もあるが、これは(2)の効果に反映されているようである。

関連カード

サポートカード

イラスト関連

―《セレンの呪眼》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《セレンの呪眼》 魔法 装備魔法 呪眼

広告