《ソードハンター/Sword Hunter》

効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2450/守1700
このカードが戦闘によってモンスターを破壊したバトルフェイズ終了時、
墓地に存在するそのモンスターを
攻撃力200ポイントアップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した地属性戦士族最上級モンスター
 戦闘破壊したモンスター装備カードにして自己強化する誘発効果を持つ。

 モンスターを装備させることにより墓地から離せるため、墓地を肥やすタイプのデッキ相手にはなかなか有用な効果となる。
 攻撃力もそれなりにあり、自己強化の数値は少ないが1回戦闘破壊すれば大体のモンスターは倒せる。
 甲虫装機などを戦闘破壊し装備した場合、その装備カード時の効果も得られる。

 しかし最上級モンスター重さと、魔法&罠カードゾーンを圧迫するのが難点。
 一応、《ギラギランサー》《ドドドウォリアー》《トランスターン》を使って出したり、戦士族のみで構築し、《不死武士》を使うといった構築なら出しやすくはなる。
 一度墓地を経由するため、リクルーター効果発動されてしまう弱点もある。
 逆に装備カードコストとし、同じ戦士族である《エヴォルテクター シュバリエ》コンボできる利点でもある。

 これらの特徴をデメリットとして考え、相手に押し付ける戦法もある。
 《シエンの間者》などで一時的にこのカード送りつけリクルーターを次々自爆特攻させ、相手魔法&罠カードゾーンを封鎖し、そのまま抵抗を許さず殴り倒すという戦法である。
 なお、《強制転移》《死のマジック・ボックス》などの永続的な送りつけによるコンボはお勧めできない。
 このカードリンク素材などにされることであっさりとロックを解除されるうえ、仮に素材にされなかったとしても攻撃力3450にもなるこのカード攻撃を凌ぎつつ別の勝ち筋を用意しなければならないためである。

 しかし自爆特攻するにはこのカード攻撃力は高く、《スピリットバリア》《一時休戦》などによる、戦闘ダメージを無くす補助は必須となる。
 また効果モンスターでのバウンス除去には無力であり、中でもほぼあらゆるデッキで遭遇する可能性のある《エフェクト・ヴェーラー》は1枚で装備カードを剥がされてしまううえに対処も難しい天敵。
 対応範囲の広い《神の通告》などに加え、《墓穴の指名者》などによる対策を用意しておきたい。
 他に、フィールド魔法を封印できない点も忘れないようにしたい。

 《宇宙の収縮》発動すれば、相手フィールド魔法発動できずモンスター召喚しづらくなる。
 自分の場に戻しているなら《ヴォルカニック・クイーン》等でしか除去できない強固なアタッカーとなってくれる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果モンスターを装備している間の攻撃力アップは、装備魔法カード効果として扱いますか?
  《禁じられた聖槍》攻撃力アップを受けなくなりますか?
A:装備されているモンスターカードは、攻撃力がアップする装備魔法カードと扱うため、アップする効果適用されなくなります。(14/01/20)

Q:このターンに《ソードハンター》に戦闘破壊されたモンスター《リビングデッドの呼び声》等で蘇生された後、別のモンスター戦闘破壊された場合もバトルフェイズ終了時にこのカードに装備されますか?
A:いいえ、《ソードハンター》に戦闘破壊されたモンスターとして扱われないため装備できません。(14/02/01)


Tag: 《ソードハンター》 効果モンスター モンスター 星7 地属性 戦士族 攻2450 守1700

広告