《ソウル・オブ・スタチュー/Tiki Soul》

永続罠
このカードは発動後モンスターカード
(岩石族・光・星4・攻1000/守1800)となり、
自分のモンスターカードゾーンに特殊召喚する。
このカードがフィールド上にモンスター扱いとして存在する限り、
このカード以外のモンスター扱いとした罠カードが
相手によって破壊され自分の墓地へ送られる場合、
墓地へ送らず魔法&罠カードゾーンにセットする事ができる。
このカードは罠カードとしても扱う。

 STORM OF RAGNAROKで登場した永続罠
 罠モンスターの1体であり、他の罠モンスター破壊される代わりにセットできる効果を持つ。

 破壊に対する耐性を与える効果と言えるが、セット状態に戻ってしまうためにならない。
 基本的には《宮廷のしきたり》モンスターのまま守る方がよい。
 このカード自体が罠モンスターであるために場持ちが悪く、モンスター除去はもちろん戦闘でもフィールドを離れてしまうので使い勝手が悪い。
 加えてセットされた罠モンスター耐性が付与されず、セットされた場合、そのターン発動ができないので、全体除去を受けると場がガラ空きになってしまう。

 ただし、このカード罠モンスター耐性を与えるかどうかを任意で選択できるのがポイント。
 そのため《死霊ゾーマ》と共に使用すれば、《死霊ゾーマ》戦闘破壊された時に高いダメージを狙いやすくなる。
 《収縮》《エネミーコントローラー》などと低攻撃力モンスター戦闘破壊された場合はセットして再びチャンスを作り、相手の高攻撃力モンスター自爆特攻させることができる。
 ただし、戦闘破壊時にこのカード効果で再度セットした場合、効果ダメージを与える効果発動できないので注意。(《死霊ゾーマ》のFAQ参照)
 また、《宮廷のしきたり》と違って相手永続罠耐性を与えてしまうこともないので、構築によってはこちらを優先するメリットもある。

 また、罠モンスターセットできる点でも差別化を図れる。
 《ワーム・イリダン》とは相性がよく、罠モンスター自爆特攻する事で効率よくワームカウンターを乗せることができる。
 《オネスト》戦闘サポートを受けられる点でもシナジーが期待できるので、《ワーム・イリダン》召喚サポートに罠モンスターを用いるなら試してみてもいいだろう。
 その際、他に投入する罠モンスターは、自爆特攻がしやすく《毒蛇の供物》なども活かせる《アポピスの化神》が最適。

 バージェストマと組み合わせるのも手で、墓地からモンスターとなったバージェストマを再セットすることで他のバージェストマトリガーとなりつつまた墓地に置ける。

  • 英語名の「tiki(ティキ)」とは、ポリネシア神話で地上最初の人間や、その文化圏でお守りを指す先祖を象った彫像を意味する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:破壊されたモンスター扱いの罠カードセットする効果チェーンブロックは発生しますか?
A:いいえ、チェーンブロックは発生しません。従って、タイミングを逃す要素もありません。(10/11/18)

Q:《マクロコスモス》適用中に破壊される時、セットできますか?
A:はい、その場合でも相手によって破壊された場合セットすることができます。(10/11/24)

Q:このカードと他の罠モンスターが同時に破壊される場合、セットできますか?
A:いいえ、その場合セットすることはできません。(13/06/06)

Q:このカードが自身の効果モンスター扱いとして存在する時に《マジカルシルクハット》モンスター扱いとなった他の罠カード相手破壊された場合でも、セットできますか?
A:相手モンスターとの戦闘表側表示の状態で相手カードの効果破壊される場合ならセットできます。ただし、裏側表示のまま相手のカードの効果によって破壊される場合はセットできません。(10/11/13)

Q:このカード《マジカルシルクハット》モンスター扱いとなっている場合にも、表側表示であるなら効果適用されますか?
A:いいえ、自身の効果によってモンスター扱いとして存在しないと適用されません。(10/11/13)


Tag: 《ソウル・オブ・スタチュー》 永続罠 罠モンスター(効果) 星4 光属性 岩石族 攻1000 守1800

広告