《ゾンビ・マスター/Zombie Master》

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1800/守   0
(1):1ターンに1度、手札からモンスター1体を墓地へ送り、
自分または相手の墓地のレベル4以下の
アンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのアンデット族モンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果はこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する場合に発動と処理ができる。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 自分または相手墓地からアンデット族下級モンスター特殊召喚する起動効果を持つ。

 蘇生効果に加え、攻撃力の高さからアタッカーも兼用でき【アンデット族】では主力として活躍できる。
 アンデット族リクルーターである《ピラミッド・タートル》と、サーチャーである《ゴブリンゾンビ》の双方に対応するので扱いやすい。
 守備力が0であることから、《悪夢再び》サルベージ《カメンレオン》《暗躍のドルイド・ドリュース》蘇生することもできる。
 一方で、《エネミーコントローラー》等の守備表示にするカードには注意が必要である。

 蘇生効果完全蘇生であり、蘇生させたモンスターとこのカードシンクロ召喚エクシーズ召喚リンク召喚などが可能。
 相手墓地からも蘇生できるため、相手アンデット族を使うならそれも奪え、《アンデットワールド》適用下では、相手墓地特殊召喚できる全ての下級モンスター対象になる。
 手札コストが必要だが、下級アンデット族手札コストにすればそのまま蘇生できるので、擬似的に《切り込み隊長》のような効果としても使える。
 また、同名カード蘇生できるため、手札が用意できれば大量展開が可能となる。

 注意すべきは、類似効果を持つ他のモンスターと異なり、効果処理時にこのカードフィールド表側表示で存在しなければならないという点。
 この効果に対して除去カードチェーン発動されると、蘇生はできず支払ったコストも無駄になる。
 また、手札コストは「墓地へ送る」のため、例によって《次元の裂け目》《マクロコスモス》適用下では発動できなくなる。

  • 原作・アニメにおいて―
    東映版「遊☆戯☆王」に、海馬家の執事・大門の僕として《ゾンビマスター》なるカードが登場している。
    元々の攻撃力は500だが、墓地モンスターが増えるほどパワーアップする効果を持つ。
    しかし、似ても似つかない老人の姿であり、このカードとは全く関係がない。
    また、アニメで遊戯が使用した速攻魔法《ネクロマンシー》とイラスト・構図が似ている。

関連カード

イラスト関連

―《ゾンビ・マスター》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札コストとして墓地へ送ったモンスター特殊召喚対象として選択できますか?
A:はい、できます。(07/08/29)

Q:墓地アンデット族が存在しないときに発動し、コスト墓地へ送ったモンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(08/03/15)

Q:このカード効果発動時《エネミーコントローラー》チェーンされコントロールを奪われた場合、選択したモンスター特殊召喚されますか?
  また、特殊召喚するフィールドはどちらになりますか?
A:効果処理時コントロールが移っている場合でも効果不発にならず、効果発動したプレイヤーフィールド特殊召喚されます。(08/04/15)

Q:効果処理時にこのカード裏側守備表示になっていた場合、処理はどうなりますか?
A:その場合、モンスター特殊召喚することはできません。(12/03/11)


Tag: 《ゾンビ・マスター》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 アンデット族 攻1800 守0

広告