《ターボ・ウォリアー/Turbo Warrior》

シンクロ・効果モンスター
星6/風属性/戦士族/攻2500/守1500
「ターボ・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
レベル6以上のシンクロモンスターを攻撃対象としたこのカードの攻撃宣言時、
攻撃対象モンスターの攻撃力をダメージステップ終了時まで半分にする。
フィールド上のこのカードはレベル6以下の効果モンスターの効果の対象にならない。 

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した風属性戦士族シンクロモンスター
 レベル6以上のシンクロモンスター攻撃する時に攻撃力を下げる対象をとらない誘発効果と、レベル6以下の効果モンスター効果対象にならない永続効果を持つ。

 指定チューナーである《ターボ・シンクロン》レベル1なので、他のモンスターレベル5になる組み合わせでなければならない。
 シンクロ素材を2体で済ませる場合は《サイバー・ドラゴン》などの半上級モンスターか、《簡易融合》特殊召喚できるレベル融合モンスターに頼る事になる。
 手札レベル5のモンスターがいれば《ターボ・シンクロン》自身の効果でもシンクロ召喚を狙えるが、相応の戦闘ダメージが必要なのはもちろん、メインフェイズ2にシンクロ召喚することになるので、このカードを出すメリットは乏しい。
 また、《ジャンク・シンクロン》《ターボ・シンクロン》蘇生し、《ジャンク・シンクロン》リリースして《ターレット・ウォリアー》特殊召喚すれば、やはり手札消費2枚でシンクロ召喚可能。
 ただし基本的には、《クイック・シンクロン》から狙うのが楽だろう。

 前半の効果は、レベル6以上のシンクロモンスター攻撃力を半減させる効果
 しかし、あくまで自分から攻撃した場合しか機能しない。
 また、後半の効果と違い、こちらの効果シンクロモンスターに限定されている。
 シンクロ召喚を使わないデッキも増えており、デッキによっては全く発動できない場合がある。

 後半の効果《スナイプストーカー》等に対して真価を発揮する。
 現在は下級特殊召喚した上級モンスター除去を行うデッキも多く、強制効果ならば自爆させる事すら可能。
 ただし、高レベルモンスターエクシーズモンスター効果対象を取らない《N・グラン・モール》《A・O・J カタストル》などの効果は防げず、魔法・罠カードも防げない。
 また、永続効果であるため墓地裏側表示では対象になってしまう。
 《デビリアン・ソング》《妖怪のいたずら》などで範囲を広げることも可能ではある。

 どちらの効果も活用できるかは相手デッキ環境に大きく左右される。
 《クイック・シンクロン》から狙う場合も、同レベルには最初から相手除去の回避を狙える《ドリル・ウォリアー》もおり、枠の取り合いになりがち。

  • シンクロ召喚時の口上は「集いし絆が更なる力を紡ぎだす。光さす道となれ!シンクロ召喚!轟け、《ターボ・ウォリアー》!」
    第12話では「轟け」が「いでよ」、第31話では「絆」が「星」となっていた。
  • アニメARC-Vでは同じレベル属性攻撃力を持ち、半減する対象が自身の攻撃力以上となっている《B・F(ビー・フォース)−突撃のヴォウジェ》が登場している。

関連カード

効果関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:通常モンスターに《ターボ・ウォリアー》で攻撃した際、《シフトチェンジ》レベルシンクロモンスター攻撃対象を移されました。
  半分にする効果発動しますか?
A:その場合、発動しません。(10/05/04)


Tag: 《ターボ・ウォリアー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 風属性 戦士族 攻2500 守1500 ウォリアー

広告